2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.09.20 (Wed)

肉屋の肉バル TAJIMAYA

土曜日にホワイティ梅田でハシゴランチ。
選んだエリアはノースモール2。

肉屋の肉バル TAJIMAYA

別にエリアを絞る必要もないけど、そんな制限付けてみても楽しいかなと。
しかもこのエリアはタイムサービスやってるお店が多い気がする。

アートステーション

で、2軒目はこちらへ伺うことに。
先ほどのお店から見えてて、胃のベクトルが完全に「肉」に向きました。


『肉屋の肉バル TAJIMAYA』/大阪・梅田

肉屋の肉バル TAJIMAYA

ほらここも「Happy Hour」がある!ラッキー!!
と思ったのもつかの間、「平日限定」って小さ~く書いてあった…。

肉屋の肉バル TAJIMAYA

それでも店内は結構混みあってます。
さあハイボールと肉を頂こう~!

肉屋の肉バル TAJIMAYA
肉屋の肉バル TAJIMAYA

姫はワイン。グラスワインは¥400からとリーズナブル。
肉はハネシタハラミをどちらもMサイズで頼むことに。

肉屋の肉バル TAJIMAYA
肉屋の肉バル TAJIMAYA

へぇ~『肉の日』(毎月2、9、29日)というサービスデーもあるんかぁ。
だいたいタイミング的にこういうのに縁のない夫婦なんです。ちぇっ。

肉屋の肉バル TAJIMAYA

で、スタッフさんを呼んで以上のオーダーを伝えると、

スタッフさん「『ハラミ』は定番メニューでよろしいですか?」
「え?」
スタッフさん「本日のセレクトステーキがハラミなのですが」
「セレクト?」
スタッフさん「はい、今日は『肉の日』ですので」

あーーー、ほんまや今日は9日やん!!と姫と顔を見合わせ、
スタッフさんに「じゃあちょっと待ってください!」

肉屋の肉バル TAJIMAYA

と、もう一度『肉の日メニュー』を見返して、
「じゃあ、¥400のワインはこの¥290のにして、ステーキもこの2種に変更してください!」

肉屋の肉バル TAJIMAYA
▲角ハイボール(¥378)、グラスワイン(¥313)

も~、2人とも今日の日付を忘れてるってどうやねん(笑)。
しかし店内が混んでるわけがわかったわ。皆よぉ知ってはる。

肉屋の肉バル TAJIMAYA
▲本日の熟成ステーキ(¥1219)
肉屋の肉バル TAJIMAYA
▲本日の店長セレクトステーキ(¥842)

「本日の熟成ステーキ」は「うちひら」という部位でした。
柔らかくて塩だけ付けて食べるのがいい感じ。

いや~しかし、なんだか逆にとても得した気分。
知らぬが仏な事もある。さあもう1軒行ってみよ~!


最後にいつものおやじギャ句
「肉の日に ちょうど当たった ジャストミート!」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

肉屋の肉バル TAJIMAYA
大阪市北区角田町梅田地下街2-9 WHITYうめだノースモール2 [地図]
06-6809-2949
http://www.d-diner.net/management/nikubal_tajimaya.html

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ
17:34  |  ※肉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.07.27 (Thu)

ホルモン豚金

「友達と飲むんですが、ヒノッチさんも来ませんか?」
と誘ってくれたのは愛ちゃん豚金さんに行くらしい。

おーー豚金さん久しぶりやし寄せてもらおう!
しかし最近なんだか愛ちゃん率高いなぁ(笑)。


『ホルモン豚金』/田中大久保町

ホルモン豚金

数ある豚ホルモン店の中で、京都一…いや関西一…、
いやいや西日本一と言っても過言ではない名店。

ホルモン豚金

真っ赤でピッカピカな店内。
お店は大将が一人で切り盛りしてはるので、
伺う前は必ず予約の電話をしてくださいね。

ホルモン豚金

で、愛ちゃんの友達はココ初来店のみゆきちゃんという方。
お酒と美味しい物が好きと言うとても明るい女性です。

ホルモン豚金
▲冷し煮込み

みゆきちゃんを待ってる間に大将が出してくれた「冷し煮込み」。
温かい煮込みも絶品やけど、冷製は更に旨味がダイレクト。

ホルモン豚金
▲豚刺冷製盛り合わせ

そして3人揃ったところでまずはこの盛り合わせ!
この新鮮さは生食レベルですが御法度なので炙ります。

ホルモン豚金
ホルモン豚金

やっぱりめちゃくちゃ旨い!
みゆきちゃんもひと口食べて「これ、すごいです!」と吃驚。

ホルモン豚金
▲ハイボール(¥500)

いや~旨い物を囲むと初対面でも酒と話しが進みます。
お次は焼きをいっとこ。

ホルモン豚金

お店おススメのミックスメニューを頼むもよし、
好きな部位を単品で注文するもよし。

ホルモン豚金

ホルモン豚金

私は「テッポウ」と「フワ」が好きなので、それを絡めてお任せで。
各部位は塩焼きかタレ焼きか選べますが、それも大将に任せるのがベスト。

ホルモン豚金

もお絶っ品っっっーー!!
何度食べても感動に値する旨さ!

「豚ホルモンってこんなに美味しいんですね!」とみゆきちゃん。
でしょでしょ!豚の秘めたる才能を思い知るお店なんです。

ホルモン豚金
▲かつおのへそ(¥1000)

最後は大将がススメてくれたちょっと変わり種。
「へそ」とは心臓のことやって。

ホルモン豚金

そのままでも旨いけど、少し炙ると香りが際立つ。
完璧な酒のアテ、と言った逸品!

いや~やっぱり凄いお店やなぁ。
少しくらい遠くても定期的に通わな人生損するお店やわ。
ほんま旨かったです!ご馳走様でした~~!!


最後にいつものおやじギャ句
「早くTEL しないとお店は 流行ってる」

↓押してくれはると嬉しいです!
ポチッと押してね!


ホルモン豚金
京都市左京区田中大久保町西入ル [地図]
090-1151-5934
http://r.tabelog.com/kyoto/A2603/A260302/26019010/

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:09  |  ※肉  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2017.07.26 (Wed)

京都中京ホルモン丸~おいで

「次は焼肉をつままへん?」と訊くと、
愛ちゃんも賛同してくれてこちらへ。


『京都中京 ホルモン丸』/千本丸太町

京都中京 ホルモン丸

リーズナブルなのに肉のレベルが高いと評判の、
4年前に水曜会でも来た大衆焼肉店。

京都中京 ホルモン丸
▲角ハイボール(¥380)
京都中京 ホルモン丸

京都中京 ホルモン丸

赤身食べたい、ホルモンも食べたい、ということで
選んだ肉は「上カルビ」と「ホルモンMIX」。

京都中京 ホルモン丸
▲上カルビ(¥950)
京都中京 ホルモン丸
▲ホルモンMIX(¥600)
京都中京 ホルモン丸

旨いーー!ホルモンダレのニンニク具合もたまりません。
歳行くと旨い肉をちょっとで十分。それだけで十分幸せ(笑)。

んじゃラストにもう1軒イットコ!
てなわけで、向かったのはココ。


『おいで』/千本丸太町

おいで

「儲ける気があるの?」と客が心配する低価格設定のお店。
愛ちゃんは未入店らしいので驚いてもらおうと連れて来ました(笑)。

おいで
▲生ビール

まずは生ビールで乾杯。この価格が驚異的。
お通しと、愛ちゃんチョイスのすじ煮込みも到着。

おいで

おいで

キャベツはちゃんとシャキシャキで旨し。
すじ煮込みは濃い目の味付け。

おいで

名物という手羽先は1本¥75。
甘口と辛口から選べます。安旨!!

おいで
▲酎ハイプレーン

最後は、その値段に更に驚くこと必至の酎ハイで終了。

「家で飲むより安上がりなんちゃいます?」と、
愛ちゃんも舌を巻いたドリンクの価格は…、

おいで

生ビール:¥199!
酎ハイ:¥99!!

あははははー。笑うしかない安さ。
奥のカウンター席は常連さんで満席なのも当然。

「近くにあれば毎日来てしまいますよね」と愛ちゃん。
うんうん、近くになくて良かったような、残念なような…(笑)。

いや~しかし今夜行った4軒の振り幅の大きさよ(笑)。めっちゃ楽しかった。
いつも愛ちゃん、急な誘いでも付き合ってくれて有難う!お疲れ様~!!


最後にいつものおやじギャ句
「舌巻いた 値は予想より 下回った」

↓今日も応援クリックお願いいたします!
ポチッと押してね!


京都中京 ホルモン丸
京都市中京区聚楽廻中町27-14 [地図]
075-822-1578
http://tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26016277/


おいで
京都市上京区中務町491-5 [地図]
075-812-0533
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260203/26009184/

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:24  |  ※肉  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2017.07.04 (Tue)

【1次会】ほいっぽ

<6月28日水曜会/1次会

今年上半期最後の水曜会。
1次会は1年半前にOPENのほいっぽさん。


『ほいっぽ』/竹屋町車屋町

ほいっぽ

創作系のお店でコンセプトは「肉x野菜」。
牛は丸ごと一頭仕入れ、新鮮な朝採れ野菜を使用とのこと。

ほいっぽ

そのこだわりに魅せられ、個人的に何度か伺おうとしたけどいつも満席。
なので今宵の予約は早目に入れました。

ほいっぽ

お願いしてたのは飲み放題付コースでひとり税込¥5000。
店内貸切、満席御礼21名の参加です。

ほいっぽ

ほいっぽ

ほいっぽ

大ちゃんがんちゃんが久々参加で嬉し楽し。皆元気でよかった。
で、まずは前菜4種から。すべてに牛が入っているそう。

ほいっぽ

・焼きウルテのポテトサラダ
・アゴ肉の空芯菜炒め
・ハチノス辛子酢味噌和え
・ハツのたたき くん製牡蠣ポン酢おろし

どれもすごい!斬新な組み合わせ且つ旨い!!
特にウルテの食感が心地良いポテサラが絶品!

ほいっぽ
▲生センマイのサラダ

これもありそでなかった品。焼肉店でも見たことない。
あっさり梅しそドレッシングがセンマイにベリーマッチ。

ほいっぽ
▲和牛サーロインのローストビーフ

まさしく肉x野菜の共演。ローストビーフに水ナスのほのかな甘みが合う。
おかひじきもいい仕事。めっっっちゃ旨し!

ほいっぽ

と、やまうが一升瓶を抱えてやって来て、
「このお酒、飲みやすくて芳醇なんです!」

ほいっぽ

店と同名の酒は京都・羽田酒造の初日の出の純米酒。
「飲み放題のレベルじゃないっ!」と嬉しくて報告に来てくれたらしい(笑)。

ほいっぽ

そして固形燃料と酢醤油が配膳され、
運ばれて来たのが…

ほいっぽ
▲牛バラ肉のしゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶーー!
いやいやこの値段で牛しゃぶまで供されるとは!!

ほいっぽ

野菜いっぱい(土ごぼう、キャベツ、ニラ)の鍋にくぐらせ、
ゴマ入酢醤油で頂くと脂の旨味が口に拡がります!

ほいっぽ
▲チーズフォンデュ

これまた野菜たっぷりのチーズフォンデュ。
こやって味が変わると野菜もたくさん摂れますよね。

ほいっぽ

バケットもついておりチーズをさらえます。
これで〆でしょうね……と思いきや、

ほいっぽ
▲焼き野菜とステーキ

キターー!ほいっぽさんでは必喰したいステーキ!
しかしこれだけの品数の後に出てくるとは思わなかったなぁ。

ほいっぽ

自家製の玉ねぎのソースを乗せて食べたら、
肉の味しっかりでめちゃくちゃ旨し!幸せや~!!

ほいっぽ

ほいっぽ

最後は土鍋で出された「牛牛蒡と生姜の炊き込みご飯」、
そしてボリュームもたっぷりの豪華なデザートで終了。

いや~めっちゃ良かった!素晴らしかった!
お店の方もイイ方々やったしCPも最高やし、また絶対伺います!!
では2次会に移動しましょう。ご馳走様でした~~!!


最後にいつものおやじギャ句
「朝採った 野菜の旨さ あ、悟った」

ぜひ押してね!←応援クリックお願いいたします

ほいっぽ
京都市中京区少将井御旅町352-1 RAFT御所南1F [地図]
075-746-6360
http://hoippo.net/
【参加者】ヒノッチ大ちゃんポン吉狂さんマッキーがんちゃんマーシーウッチャンリョウタくんとうさんガッキーしおっちまこっちゃんもーりーサーリりんちゃん愛ちゃんすなちゃんあやちゃんマツイやまう
【お支払い】105000円/21名

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:57  |  ※肉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.06.19 (Mon)

大福

「かな~りCPの高い焼肉店やった」
…という記憶がありながら久方ぶりに訪れたのは、
住宅地の中にある知る人ぞ知る大福さん。


『大福』/北山大宮

大福

最後に伺ったのはおそらく20年ほど前やと思う。
一度姫を連れて来たいと思っててやっと実現。

大福

店内は中央の通路を挟み、右にテーブル席、左に個室。
2階席もあるようで、家族連れが案内されてました。

大福

席に着くと、いらっしゃいませと同時に出される洗いダレ。
メニューはこんな感じ。

大福
大福
大福

そしてまずは生ビールで乾杯。
キムチとナムルは毎度のお供。

大福
▲生ビール(¥540)
大福
▲白菜キムチ(¥324)、ナムル(¥324)

ここのキムチはコクあって旨い。
そして運ばれて来た肉の綺麗なこと美しいこと!

大福
▲タン塩(¥1080)
大福
▲ロース(¥1512)
大福
▲ミズジ(¥1512)
大福
▲テッチャン(¥756)
大福

めちゃくちゃ旨いーー!ここの肉、レベル高すぎ!
中でもミスジのトロけ具合がハンパなくて2人で超感動!

大福
▲チシャ(¥432)
大福
▲マッコリ(¥432)
大福

大福
▲ラムシン(¥1296)

ラムシンは柔らかいけど食感が少しあって旨し。
〆は冷麺を注文。

大福
▲冷麺(¥864)

弾力タイプではなくツルっとした麺であっさり食べやすい。
酢多めでいい具合かな。

いや~しかしやっぱりCP高いお店でした。
姫も「また来たい!」と大満足!ご馳走様でした~~!!


最後にいつものおやじギャ句
「住宅で 旨いお肉を ジュ~焼くで」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

大福
京都市北区紫竹西南町64 [地図]
075-492-7922
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26008187/

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:59  |  ※肉  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT