2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.04.19 (Wed)

中華料理 天下一

飲んだ帰り道。
途中にこのお店があるのを思い出し、
餃子とラーメンで〆ようと初訪問。


『中華料理 天下一』/堀川玄以

中華料理 天下一

堀川玄以の1筋南を西へ。
仄暗い住宅街を射す黄色の看板がずっと気になってました。

中華料理 天下一

想像通りというか期待通りの店内の雰囲気。
こういう昔ながらの中華店は少しずつ減ってますよね。

中華料理 天下一
▲ビール大ビン(¥600)

まずはビールと餃子を注文してからメニューを一読。
ツボを押さえた豊富なラインナップににんまり。

中華料理 天下一

で、思い切って「大えびのチリソース」を注文すると、
「あ~、大えびは今切らせてるのよ…」とお店のおばちゃん。

中華料理 天下一
▲肉とニラ炒め(¥700)

代わりに「肉ニラ」を注文したら、餃子より先に来着。
これが絶妙な味つけでめちゃ旨。ボリュームもあり。

中華料理 天下一
▲焼きギョーザ(¥300)

待ってましたの餃子は小ぶりで縦長の特徴あるフォルム。
皮に透けてる色の通り、野菜たっぷりであっさり味。旨し!

中華料理 天下一
▲醤油志那竹ラーメン(¥650)

そして最後にラーメンを。

中華料理 天下一

これまた当たりやなぁ。
麺は普通やけどスープが好きやわ。いやいや来てよかった。
気になるメニューも多いし次は1軒目で。ご馳走様でした~!!


最後にいつものおやじギャ句
「中華店 家まで帰る 通過点」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

中華料理 天下一
京都市北区紫竹下園生町42-2 [地図]
075-491-0514
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26002165/

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:41  |  ※中華  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.03.15 (Wed)

【1次会(後編)】マンボ飯店

<3月9日水曜会/1次会(後編)

今夜はマンボ飯店さんで15名の水曜会。
カフェのような雰囲気の人気中華店です。


『マンボ飯店』/西大路高辻

マンボ飯店
光がぼやけててわかりにくいけど、ロゴも洒落てるんですよ。

で、乾杯も終わり、続々とカウンターに並べられる料理たち。
これらをマッキーマッキーまこっちゃんまこっちゃんが配膳係と化して、
キビキビとテーブル席に運んでくれるんです。ええ奴らや~!

マンボ飯店
▲マンボのポテサラ

甘くて濃厚、なめら~かなポテサラからスタート。

マンボ飯店
▲ピータン豆腐

これ面白い。ピータン独特の味に酒が進みます。

マンボ飯店
▲炙りとろしめサバと水菜とパクチーのサラダ

しめサバは正にとろっとろで、スパイシーなソースがこんなにも合うのかと驚き。
てんこ盛りの水菜とパクチーも風味と食感にいいアクセントを生みます。

マンボ飯店
▲若鶏の唐揚げ

唐揚げも柔らかくジューシー。
…って使い古された表現やけど、それがいい。究極的。

マンボ飯店
▲ホタルイカと有機小松菜の炒め

これも食感愉しく、濃厚なホタルイカに春を感じます。
いやいやお酒が止まりません。紹興酒をお願いします~!

マンボ飯店
マンボ飯店

『古越龍山』…なんて読むんやろ?
皆、「レ点も返り点もないから読めへんやん」って好き勝手言ってる(笑)。

マンボ飯店
▲牡蠣の玉子焼き

肉厚濃厚な牡蠣と卵をオイスターソースでまとめる。旨い!

マンボ飯店
▲水餃子

これは今まで食べた水餃子の中で一番好きかも!皮がスゴイ。

マンボ飯店
▲イベリコ豚の酢豚

ここで少し濃いめの味付けが嬉しい酢豚。紹興酒もペースアップ。
味は濃いけど脂っこくない。これはココの全料理に言えること。

マンボ飯店
▲麻婆豆腐

麻婆豆腐は香りが素晴らしく、チュルンなノド越し。
これは奥深い逸品やなぁ…、と「お供」も登場。

マンボ飯店
▲ヤキメシ

これがまたすんごいヤキメシ!これはドドドドドストライクな旨さ!
パラパラ食感お見事で噛むほどに色んな旨味が口で踊る!
さらに先ほどの麻婆豆腐をかければ、気絶しそうなほどの神料理に!!

さらにさらに、「まだ料理あるんですか~!」なダメ押しの〆。
最後に登場は健康的な麺料理。

マンボ飯店
▲干し豆腐のスープ煮

いや~満足度MAX、興奮度MAX、満腹度もMAXになりました!
味付けもあっさり目なので女性は特に喜ぶと思うなぁ。男性諸君、デートに是非!
私もまた寄せて頂きます!ご馳走様でした~~!!


最後にいつものおやじギャ句
「配膳部 2人で運ぶの? はい全部」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

マンボ飯店
京都市中京区壬生西桧町11 [地図]
075-757-7645
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260401/26022526/

【参加者】ヒノッチポン吉ダルマッシュマッキー狂さんアーサートシさんシンペイウッチャンリョウタくんとうさんまこっちゃん愛ちゃんめろんちゃんマツイ
【お支払い】75000円/15名

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:54  |  ※中華  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.03.14 (Tue)

【1次会(前編)】マンボ飯店


『どこか行きたい店か食べたいものない?』
と彼氏から訊かれたんやけど、どう返すのが男性的にベスト?」

大学生の頃、バイト仲間のたまに会う女性にそう尋ねられ、
食べたいもん言えば?と思ったけど、そういう感じではなくて。

となると答えるの難しいよなぁ。
男性側のお金事情や好き嫌いもあるし…。

訊くと彼とは付き合ってまだ間もないらしいので、
彼もそれを見越しての問いかけなんかもな。相手を試す的な。

だから彼女も「男性的にベストな答え」を訊きたいんやわ。
…って、そんな人の人生を左右する設問の答えを持ち合わせてないし…。

でも長考するほど答えにさらに責任が増していきそうな気がして
「う~ん、中華?」と軽い感じで答えた気がする。そう「中華」って言った。

しかし今になって思うと、中華って値段帯もピンキリやし、
好き嫌いを言わせぬだけの品数もあるし、一番妥当な回答ではなかったかなと。

で、「中華って、例えばどこの(お店)?」と続けて訊く彼女に、
「『お店はあなたが選んでください』って彼に丸投げすりゃいい」

ほーらこれで一気に立場逆転(笑)。


その後2人が結局どうなったかはわからず仕舞いでしたがこれ以降、
同じ質問をされた際には同じく「中華」と答えようと思った次第です。
まだその場面は一度も訪れてませんが…(笑)。


と、前置きが長くなりましたが、
今宵の水曜会で伺ったお店で、そんな古い話を思い出したんですよね。

逆にその時、その彼から「彼女が中華に行きたいらしくて…」とお勧め店を訊かれたら、
「絶対にココ!」と即答しそうな中華店だったんです。(30年前に絶対ココはない)


では、3月9日水曜会1次会の模様をどーぞ!!



<3月9日水曜会/1次会(前編)


3月は木曜日開催(今年だけ)の水曜会。
狙うは今まで伺えなかった水曜定休の人気店。


『マンボ飯店』/西大路高辻

マンボ飯店

というワケで今宵予約してたのはマンボ飯店さん。
足繁く通う水曜会メンバーも多い中華店。

マンボ飯店

中華店とはいえカフェのような店内で、カップルで来たら彼女も喜びそう。
彼氏からお勧め店を訊かれたら、「絶対にココ!」と即答しそうなお店。

マンボ飯店

で、今宵はお店を貸し切らせていただき、
「お任せ料理+飲み放題」を5000円でお願いしてました。

マンボ飯店

ひとりでも多く参加できるようカウンターはスタンディングで。
なので一応座るのは「女性と年寄を優先で」と言ってたんやけど、
自ら進んで立ってくれたメンバーがこんなにいることが嬉しいわ。

マンボ飯店

マンボ飯店

私も立つつもりでしたが、
見渡せばすでに年寄の部類に入ってたんという悲しき事実(笑)。
水曜会の年齢層も徐々に若返ってる証拠ですね。

さあ、料理も続々出来上がって来ましたよ~~!!


(続く)


最後にいつものおやじギャ句
「訊かれたら 中華いいしと 仲介し」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

マンボ飯店
京都市中京区壬生西桧町11 [地図]
075-757-7645
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260401/26022526/

【参加者】ヒノッチポン吉ダルマッシュマッキー狂さんアーサートシさんシンペイウッチャンリョウタくんとうさんまこっちゃん愛ちゃんめろんちゃんマツイ
【お支払い】75000円/15名

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:59  |  ※中華  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.03.02 (Thu)

中國菜 大鵬


わかりにくい場所でも流行ってるお店。
二条にある大鵬さんもその一軒。


『中國菜 大鵬』/二条駅

中華料理 大鵬

駅から近いとはいえ少しナビ困難な路地裏の中華店。
なのにまあ、ひっきりなしにお客さんが入って来はる。

中華料理 大鵬

表で待ってる人も絶えずいるもんなぁ。スゴイわ。
カップルや小さい子連れなど比較的若いお客さんが多いかな。
水曜会でお邪魔した5年前から内装が若干変わってました。

中華料理 大鵬
▲サッポロ生ビール(¥600)

そんな今夜はショージン招集による8人での宴会。
彼の会社にお店のご親族がいはるらしい。

中華料理 大鵬
▲京都七谷地鶏のよだれ鶏(¥1500)

まずはやはりよだれ鶏。これ旨いんです。
鶏モモの旨味に辛ソースとナッツの食感がたまらない。

中華料理 大鵬

そして鶏が減った頃合いをみて出される板春雨
タレを余すことなく食べ尽くして欲しい、という事でしょう。

中華料理 大鵬

そのお店の念い、たしかに受け取りましたー!と
残ったタレに投入してよく絡めて頂きます。

中華料理 大鵬

うひ~~辛みがストレートパンチ!でも旨い。
この料理の主役はタレなんだと再認識させられます。

中華料理 大鵬
▲トマト卵炒め(¥950)

見た目はシンプルなのに味が深いトマト卵炒め
不思議やなぁ、どこがどう違うとこうも旨くなるんやろ。

中華料理 大鵬
▲大鵬特製ショウロンパオ(4個¥680)

姫がリクエストした小籠包も生地のもちもち感が凄い。
ちょっとビビリながら熱いスープと一緒に味わうと旨ぇ~!

中華料理 大鵬

こんな1個入のセイロもあるんですね。
調理中に1個生地が破れてしまったらしく作り直してくれはった分。

中華料理 大鵬
▲本場マーボードーフ・中サイズ(¥1550)

「本場」と書いてあっても「更に辛くして」と頼んだ麻婆豆腐
舌がビリビリ刺激されて痛い痛い。皆、激辛好きなんで困るわ(笑)。

中華料理 大鵬
▲紹興酒

紹興酒はその親族の方が差し入れてくださいました。
やっぱり中華には紹興酒が合いますね。ご馳走様です!!

中華料理 大鵬

このワインはマグナムボトル(1.5L)で¥10000ほどらしい。
こちらはワインも豊富に揃えてはるんです。

中華料理 大鵬
▲とりの甘酢(¥1200)

とりの甘酢は酢豚の鶏版ですね。
まろやかでやさしい味わいの甘酢が絶妙。

中華料理 大鵬
▲春巻(2本¥800)

春巻もアツアツトロトロでバリ旨。
食べ応えを感じるのは大きさだけでなく中身が充実してるから。

中華料理 大鵬
▲四川搾菜(¥450)

どれも丁寧でちゃんと旨く、それが当たり前のお店。
だから流行るんですよね。最後の〆はもちろんコレで。

中華料理 大鵬
▲大鵬名物てりどんきんし地獄盛(¥1000)

「名物」がついた看板メニュー。創業当時からあるらしい。
若いお客さんのほとんどがこれを頼んでガツガツ食べてはる。
このボリュームとB級感がたまらんもんなぁ。我々も負けじと完食!

いや~お腹いっぱい大満足!お会計はひとり5000円ちょっと。
旨くて安くてココはやっぱりエエお店でした。
ショージンいつも有難うございます!またお誘いください~!!


最後にいつものおやじギャ句
「大鵬さん 大変なのは 席取りだ」

↓押していただくと現在の順位がわかります
ポチッと押してね!

中國菜 大鵬
京都市中京区西ノ京星池町38-27 [地図]
075-822-5598
http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26003254/


ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:27  |  ※中華  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2016.12.01 (Thu)

マルシン飯店

アートステーション

岡崎で知人の絵画展を見た帰り、ランチにマルシンさんへ。
京都の大衆中華の名店中の名店。なのに私は初来店。


『マルシン飯店』/東山三条

マルシン飯店

ベビスタがよくお土産でくれる餃子が旨いんです。
土曜13時すぎ、さすがに店内は満席でした。

マルシン飯店

10分ほど待って着席でき、まずは「瓶ビールと餃子2人前」を注文すると
「餃子は普通熟成肉かどちらにします?」と女将さん。

マルシン飯店

へぇ~2種類あるんですね…、ならば「熟成肉で」。

マルシン飯店
▲瓶ビール・大(¥700)

昼から飲むビールは格別。こういう雰囲気ならなおさら。
で、ほどなく出て来た餃子は完璧な焼き色。

マルシン飯店
▲熟成豚肉ギョーザ(1人前¥380) ※写真は2人前

少し厚めの皮はパリッパリで、
その皮に閉じ込められたタネ肉の旨味がすごい!

マルシン飯店

その肉は中勢以さんの熟成豚を使用してるんやて。
そりゃ旨いわ。ビールおかわり~。

マルシン飯店
▲エビのチリソース煮(¥1000)
マルシン飯店
▲ポークチャイニーズシチュー(¥800)

姫の好物エビチリとおすすめのシチュー。
どちらもきっちり旨くてボリュームもあり。

マルシン飯店
▲酎ハイレモン(¥480)、焼酎(¥580)

ここでベビスタに「ココの餃子以外のお勧めを教えて」とLINEで訊き、
回答してくれた天津飯で〆。

マルシン飯店
▲天津飯(¥700)

うおーーめちゃくちゃ旨いがな!!
なんですかこの玉子の驚きのフワトロ感!!

いやいや噂以上のエエお店でした!
姫も大喜び。ご馳走様でした~~!!


最後にいつものおやじギャ句
「絵画展 ここまで観に来た 甲斐があり」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

マルシン飯店
京都市東山区南西海子町431-3 [地図]
075-561-4825
http://marushinhanten.com/

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:19  |  ※中華  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT