2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2018.02.02 (Fri)

【水曜会】伯楽家常菜

アートステーション

【2018年1月31日水曜会】

ブルームーンの夜。
さらにこの後、皆既食も始まるみたい。

伯楽家常菜

22時29分に完全に欠けるらしいけど、拝む事はできないやろなぁ。
だって今夜は水曜会。その頃はおそらく泥酔なうやわ(笑)。


『伯楽家常菜』/一条佐井

伯楽家常菜

そんな今宵はうっちゃんご推薦の中華店。
2017年ビブグルマンのお店との事。

伯楽家常菜
伯楽家常菜

税込4104円のコースに2000円の飲み放題を付けて。
飲み放題の消費税はサービスしてくださいました。

伯楽家常菜
▲ポン吉、まこっちゃん、ヒノッチ
伯楽家常菜
▲トシさん、うっちゃん、リョウタくん
伯楽家常菜
▲ハデッチ、ダルマッシュ、マッキー、コバ
伯楽家常菜
▲ニッチン、ガッキー、マツイ、マヤさん
伯楽家常菜
▲シンペイ、ミツさん、めーさん

参加は17名。料理も運ばれて来ましたよ。
ビブグルマンの力をとくと拝見。

伯楽家常菜
▲伯楽前菜四点盛り合わせ

・バイ貝の麻辣ソース煮込み
・くらげときゅうりの香味和え
・蒸し鶏ネギソース
・海老の紹興酒漬け

この前菜がどれもめちゃくちゃ旨い。
特に蒸し鶏とくらげ。素晴らしきキックオフ。

伯楽家常菜
▲小籠包

小籠包はひとり2個。
黒酢と生姜でパクリ。ハフハフ旨い~!

伯楽家常菜
▲蟹肉と大根のとろみスープ

驚くほどあっさり仕上げられたスープ。
その分、各素材の味を十二分に感じることができます。

伯楽家常菜
▲自然発酵させた白菜と国産豚肉の土鍋仕立て

これは初めて食べる味やなぁ。
発酵の酸味と豚の甘味の相性が見事。

伯楽家常菜

紹興酒もデキャンタで出してくれます。
マダムも愛嬌ある方で気持ちよすぎるお店です。

伯楽家常菜
▲中国野菜炒め

シャキシャキ食感やけど柔らかに仕上がってて美味。
味付けも絶の妙。シンプルな料理が旨いと評価も自然と上がります。

伯楽家常菜
▲カキの湯引き伯楽オリジナルソース仕立て

そしてコースのメインであろう料理。
大粒の牡蠣にオリジナルのソースが合う合う。

伯楽家常菜
▲高菜炒飯

そしてこれまた超絶旨い炒飯と、
杏仁豆腐が出てノーサイド!

伯楽家常菜
▲本日デザート

宴の最後は最近恒例となった一丁締め。
今夜も担当は“1番クジ”を引いた人…め~さん!

伯楽家常菜

いや~さすが、うっちゃんがおススメするお店でしたわ。
料理は旨すぎやし、ドリンクの提供も早いし、スタッフさんも◎!
また1軒、再訪しなければならないお店が増えました。
それではみなさんお疲れ様でした~~!!
(もちろん皆既食は拝むどころか、そのことさえも忘れて帰りました…)


最後にいつものおやじギャ句
「月食を 見ること出来ず げっ、ショック」

今日も応援クリックお願いいたします!
ありがとうございます!!


伯楽家常菜
京都市北区北野西白梅町85 [地図]
075-465-0309
http://www.hakuraku.com/

【参加者】ヒノッチポン吉ハデッチダルマッシュマッキーニッチントシさんシンペイウッチャンリョウタくんガッキーまこっちゃんコバさんミツさんマツイめーさんまやさん
【お支払い】103768円/17名

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
18:05  |  ※中華  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.11.28 (Tue)

マンボ飯店

「また京都に行くので一緒に飲みましょ~」と
福岡在住のワンちゃんに誘われた土曜日。

ならば京都の中華の奥深さを知ってもらおうと、
お店は真っ先に思いついたこちらを予約。


『マンボ飯店』/西大路高辻

マンボ飯店

大ちゃんリョウタくんさーりも誘い、
まずは4ヶ月ぶりの再会に乾杯。

マンボ飯店
▲一番搾り生中(¥500)、IWハーパーハイボール(¥500)

ワンちゃんはちょっと大人っぽくなったかな。
福岡で色々と経験したにちがいない(笑)。

アートステーション

頼んだ料理は「すべて5人分に調整しますね」と店主さん。
これは有難い。5人やと何人前頼むか悩むトコやん。
こういう配慮をしてくれはる店主さんの心柄が素敵やわ。

で、1品目はカルパッチョ。

マンボ飯店
▲活〆天然ヒラメのカルパッチョ(¥900+α)

身が締まり旨味が強い旬物のヒラメ。めちゃくちゃ旨い。
山椒のソースが味を引き締めます。ピリピリピリリ。

マンボ飯店
▲イトヨリの香港風蒸し(¥1400)

一匹丸ごとが豪華なイトヨリは身がふっくらですこぶる美味!
やばい旨さ。香味醤油の香りが更に食欲をそそります。

マンボ飯店
▲古越龍山カラフェ(¥1800)

お酒は全員一致で紹興酒へ移行。
このカラフェがこの後どんどん空くわけです(笑)。

マンボ飯店
▲仔羊とほくほく栗南瓜とパクチーのエスニックな温製サラダ(¥1300+α)

羊肉に嵌るエスニックな味付けがたまらない温製サラダ。
甘い栗南瓜とパクチーの組み合わせも見事。
でも大ちゃんはパクチー苦手なんやて。え~ここに来て?(笑)

マンボ飯店
▲マンボの焼餃子(5ケ¥500)

そしてマンボさんでは必食の、超がつく絶品の焼餃子。
でも中はアツアツの肉汁がたっぷりなので(これが旨いんですが)、
容易くひと口でかぶりつこうとするのは危険ですよ~。

マンボ飯店
▲牡蠣と九条葱のふんわり玉子焼き(¥1100+α)

大ぶりプリプリの牡蠣がたんまり入った玉子焼き。
しっかり味なのにサラリとしている餡がまた絶妙。

マンボ飯店
▲ボク好みの麻婆豆腐+雲子入り(¥1300+α)

この麻婆豆腐がまた格段の旨さなんです!
麻婆豆腐好きのさーりもひと口食べて感動してました。

マンボ飯店

最後はジャスミン茶を出してくれはってお会計。
支払はひとり¥4500でした。ホンマココは安くて旨い!
ワンちゃんも「こんな中華があるとは…凄かったです!」と喜んでました。
んじゃ次に行きましょう。ご馳走様でした~~!!


最後にいつものおやじギャ句
「福岡の ワンちゃん旨い 豆腐食おか」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

マンボ飯店
京都市中京区壬生西桧町11 [地図]
075-757-7645
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260401/26022526/

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
18:02  |  ※中華  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2017.11.02 (Thu)

モミポン号で大宴会~珉珉

日曜日は、えいでん(叡山電車)を貸し切って、
動く車内で宴会するというイベントに参加。

貸切モミポン号!

主催はモミポンさん(幹事はショージン)で、
参加者32名は、店主以外は全員モミポンのお客さん。

モミポンとは→GO

貸切モミポン号!

時期柄、車内はハロウィーン仕様に飾り付けられ、
もちろん看板猫マートンとおきゅうも(空ビで)参加。

貸切モミポン号!

幹事から『仮装して参加してね!』と言われてたのを思い出し、
タンスを漁り、昔、かくし芸用に購入した衣裳を着てみたら…、

貸切モミポン号!

なんだかよくわからない仕上がりに……。
そして乾杯とともに出発進行、宴のスタート。

貸切モミポン号!

ガラゴト揺られながら飲むお酒はなんとも贅沢。
初対面の方とも会話が弾んで(仮装のおかげ?)楽しい楽しい。

貸切モミポン号!

で、電車は八瀬駅(せや駅ではありません)で2時間停車。
その間、モミポン入りの料理を当てるゲームで大盛り上がり。

アートステーション

これが難問で、私を含むほとんどの人が1問目で脱落。
みんなモミポン大好きな人たちのはずやのに…(笑)。
全3問正解者(たった4名)にはモミポンなどが贈られました。

貸切モミポン号!

しかし、さすがショージンや。企画力もMC力も素晴らしい。
そしてUターンし出町柳駅に帰還。解散後そのまま2次会へ。


『珉珉 四条新館店』/西木屋町四条

珉珉 四条新館店

色々あってから辿り着いた珉珉さん(笑)。
2階に通され紹興酒などで乾杯。

珉珉 四条新館店

ここからは先日ニカラグアから帰って来たサニーも参加。
2年間の青年海外協力隊の活動を無事終え元気に帰国!

珉珉 四条新館店

珉珉 四条新館店

珉珉 四条新館店

珉珉 四条新館店

珉珉 四条新館店

そして終盤は男女問わず顔面落書き大会。
これがもうハチャメチャ。ハロウィーンってこんなんやっけ?(笑)

珉珉 四条新館店

珉珉 四条新館店

珉珉 四条新館店

珉珉 四条新館店

いや~めちゃくちゃ楽しかったです!
ショージン、幹事お疲れ様でした!有難うございました!
んじゃそろそろ帰りましょうか~。ちゃんと顔洗ってからね…(笑)。


最後にいつものおやじギャ句
「えいでんで 難問相手に 喘えいでん」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

珉珉 四条新館店
京都市下京区船頭町273 [地図]
075-351-1960
http://www.minminhonten.com/

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:51  |  ※中華  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.08.10 (Thu)

魏飯夷堂

行列の絶えぬお店。皆のお目当ては「小籠包」。
母が中華を食べたいというので予約しました。


『魏飯夷堂』/三条会商店街

魏飯夷堂

三条会商店街内にある魏飯夷堂(ぎはんえびすどう)さん。
元・老舗味噌店という店内はなんだか涼しい。

魏飯夷堂

「土日の夜の予約はコース料理に限ります」とのことで、
足りなきゃ追加すればいいかと最安の¥2800を注文。
(コースは税抜¥2800、¥3800、¥4800の3種あり)

魏飯夷堂
▲前菜盛り合わせ
魏飯夷堂
▲上海小籠包(2個)
魏飯夷堂
▲鶏のから揚げ
魏飯夷堂
▲ニンニクの芽と豚肉の炒め
魏飯夷堂
▲海老のチリソース

やっぱり上のコースにすべきだったかなと後悔。
小籠包を単品で追加注文。

魏飯夷堂
▲フカヒレ小籠包(¥1300)

「小籠包は美味しいね」は皆の意見。
そしてコースは〆へ。

魏飯夷堂
▲炒飯
魏飯夷堂
▲フカヒレスープ
魏飯夷堂
▲デザート

いや~めちゃくちゃお腹膨れました。
生ビールや紹興酒ボトル2本なども飲んで4人で2万円ほど。

で、2次会会場へは市バスで移動しようとバス停へ。

…ん??

魏飯夷堂

誰ーー?笑

魏飯夷堂


最後にいつものおやじギャ句
「靴脱いで バスに乗るなど は~?!だし」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

魏飯夷堂
京都市中京区堀川三条西入ル [地図]
075-841-8071
http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260202/26016639/


ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
16:33  |  ※中華  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.04.19 (Wed)

中華料理 天下一

飲んだ帰り道。
途中にこのお店があるのを思い出し、
餃子とラーメンで〆ようと初訪問。


『中華料理 天下一』/堀川玄以

中華料理 天下一

堀川玄以の1筋南を西へ。
仄暗い住宅街を射す黄色の看板がずっと気になってました。

中華料理 天下一

想像通りというか期待通りの店内の雰囲気。
こういう昔ながらの中華店は少しずつ減ってますよね。

中華料理 天下一
▲ビール大ビン(¥600)

まずはビールと餃子を注文してからメニューを一読。
ツボを押さえた豊富なラインナップににんまり。

中華料理 天下一

で、思い切って「大えびのチリソース」を注文すると、
「あ~、大えびは今切らせてるのよ…」とお店のおばちゃん。

中華料理 天下一
▲肉とニラ炒め(¥700)

代わりに「肉ニラ」を注文したら、餃子より先に来着。
これが絶妙な味つけでめちゃ旨。ボリュームもあり。

中華料理 天下一
▲焼きギョーザ(¥300)

待ってましたの餃子は小ぶりで縦長の特徴あるフォルム。
皮に透けてる色の通り、野菜たっぷりであっさり味。旨し!

中華料理 天下一
▲醤油志那竹ラーメン(¥650)

そして最後にラーメンを。

中華料理 天下一

これまた当たりやなぁ。
麺は普通やけどスープが好きやわ。いやいや来てよかった。
気になるメニューも多いし次は1軒目で。ご馳走様でした~!!


最後にいつものおやじギャ句
「中華店 家まで帰る 通過点」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

中華料理 天下一
京都市北区紫竹下園生町42-2 [地図]
075-491-0514
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26002165/

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:41  |  ※中華  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT