2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.21 (Wed)

京の魚 擔

日曜日は北山あい和のボウリング大会。
第22回となる今回は初めてラウンドワン(四条河原町)で開催。

京の魚 擔

レーンが暗く、定期的にゲーム投球があったりと、
やっぱり遊び感覚の強いセンターですね。

で、今回も私は世話役に徹し、打ち上げはこちらを予約。
難しい漢字の店名は「かつぎ」と読むそうです。


『京の魚 擔』/四条木屋町

京の魚 擔

四条木屋町の私の好きないつらくさんの2階。
ラウンドワンから徒歩圏内で、午後5時から開いてて、20名くらいが入れて、

京の魚 擔

予算は飲み放題付で5000円ほどで、ちゃんと美味しい和食屋さん…
という条件で探しに探しまくって見つけたお店。

京の魚 擔

エレベーターを降りたらすぐ綺麗な店内。
税込5000円の飲み放題付「大皿コース」を予約してました。

京の魚 擔
▲トウモロコシの焼き葛餅
京の魚 擔
▲八寸
京の魚 擔
▲鯖煮付け
京の魚 擔
▲鰹のタタキ
京の魚 擔
▲旬の天ぷら盛り合わせ

さすが魚自慢と言わはるだけあるコース構成。
八寸は大皿やと迫力増しますね。どれも旨かったです。

京の魚 擔

京の魚 擔

〆に冷やしうどんとデザートで終了。
口の肥えたおじさん達も満足してはったのでよかったよかった。
ご馳走様でした~!!


最後にいつものおやじギャ句
「暗いレーン スパット見えず Cry…エーン」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

京の魚 擔
京都市中京区鍋屋町217弥栄ビル2F [地図]
050-5590-6866
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26027038/

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
18:01  |  ※和食  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.06.16 (Fri)

【1次会】旬彩料理 次郎

<6月14日水曜会/1次会

水曜会の日でさえ雨が降らないってことは、
梅雨入り宣言は勇み足だったに違いない(笑)。

旬彩料理 次郎

そんな今夜は北大路駅から北西へ徒歩7分、
新町今宮上ルにあるこちらで1次会


『旬彩料理 次郎』/新町今宮

旬彩料理 次郎

とある方から「何でも美味しいよ」と薦められた次郎さん。
なかでも「特に揚げ物が上手!」らしい。

旬彩料理 次郎

1Fカウンター席の後ろを通り抜けて、
中庭的な所にそびえる螺旋階段で2Fへ。

旬彩料理 次郎

例によって座席のクジを用意して皆を待っていると、
何度も「わ~すごーい、美味しそう!」と奥の席のお客さんの声。

旬彩料理 次郎

そして「美味しいー!」と必ず続く。
やはりココの料理はレベルが高いんだと期待度UP。

旬彩料理 次郎

開始時間に参加者16名全員集合で乾杯し、
飲み放題付コース(5000円)のスタート。

旬彩料理 次郎

そうそう、今夜もまた初参加してくれた方が。
背も高くモデルのようなみゆきさんみゆきさん…は、何とEmilyの実妹さん!
その驚きの事実に、皆しばらくこの姉妹の話題で持ち切り(笑)。

旬彩料理 次郎
▲八寸

そして次なる話題は「箸をつける順番」。
ダルマッシュが1人0次会でアテにハムエッグを頼んだと訊き、思い出した素朴な疑問。
「ハムエッグを食べる際、一番最初に箸をつけるのは、白身?黄身?ハム?」
これ、先日放送の『ワカコ酒』で言ってたテーマ。で、皆の回答は見事にバラバラ。
私は断然白身からですが、まこっちゃんは「少食なので好きなものから…」とハム
じゃああやちゃんは?と尋ねると、「ん~」と少考したあと、
「そのハムエッグの黄身は何個?あと、ハムは丸型?四角形?枚数は1枚?2枚?」
……え???もーエエですわ。ぷしゅ~~(笑)。

旬彩料理 次郎
▲造り盛り合わせ

そして「メインです」と供されたのが「鮎の唐揚げ」。

旬彩料理 次郎
▲鮎の唐揚げ

頭から丸ごとパリパリっとすこぶる旨い!
香ばしい中のほろ苦さがたまりません。もう夏やなぁ。

旬彩料理 次郎

椀物は鱧とじゅんさい。
優しい味わいに秘める濃厚な旨味。

旬彩料理 次郎
▲天ぷら盛り

さっきの鮎といい、噂通りに揚げ物が秀逸。
天つゆより塩がええ感じ。

旬彩料理 次郎

そして最後はデザートとアイスコーヒーで終了。

旬彩料理 次郎

旬彩料理 次郎

いや~居心地よく長居してしまいました。
1次会久々のしおっち夫妻や、もーりーも2度目参加してくれて嬉しかったです。
ではでは今夜はこれにてお開きですね。
また2週間後にお逢いしましょう。お疲れ様でした~~!


最後にいつものおやじギャ句
「まこっちゃんが 強いて挙げたハム 敷いてあげ」

ぜひ押してね!←応援クリックお願いいたします

旬彩料理 次郎
京都市北区小山初音町48 [地図]
075-491-1087
https://r.gnavi.co.jp/f6g2cb7a0000/

【参加者】ヒノッチポン吉ダルマッシュマッキーシンペイトシさんリョウタくんガッキーしおっちまこっちゃんもーりーりんちゃんEmilyあやちゃんマツイみゆきさん
【お支払い】80000円/16名

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
18:01  |  ※和食  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.04.18 (Tue)

季節料理 和(やわらぎ)

うちから徒歩5分にある和(やわらぎ)さんへ。
両親もお気に入りの和食店。


『季節料理 和(やわらぎ)』/紫竹

季節料理 和

お気に入りの理由は、家から近いからだけじゃない。

季節料理 和
▲瓶ビール(¥550)
季節料理 和
▲お通し

この日は生クラゲ。
お通しからして旨いんです。

季節料理 和
▲お造り盛り合わせ

お造りも常に新鮮。
シマアジこりこり、ケンサキとホタテは甘し、ビンチョウは柔らか。

季節料理 和
▲鴨ロース(¥900)

母は鴨ロースを毎回注文。
綺麗な身はしっとりと味わい濃厚。

季節料理 和
▲ゲソ塩焼(¥550)

ゲソ塩焼はレアな火入れが絶妙で、

季節料理 和
▲シシャモ(¥600)

シシャモの腹はパッツンパッツン。

季節料理 和
▲だしまき(¥400)

お持ち帰りも人気なだしまきも必食の一品。

季節料理 和
▲ヒレカツ(¥900)

どこに行っても揚げ物を頼むのは父の専売特許。
そして最後はタンを焼きます。

季節料理 和
▲タン塩炭火焼(1.5人前¥2250)
季節料理 和
季節料理 和

噛めばにじみ出る旨味、ボリュームもたっぷり。
いや~お店の大将夫婦もアットホームで楽しい方たちやし、
近くて旨くてほっこりできる雰囲気がイイんですよね。
だから足が向くのです。また来ます!ご馳走様でした~!!


最後にいつものおやじギャ句
「町内に 良い店あれば 超ナイス」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

季節料理 和
京都市北区紫竹大門町33-1 [地図]
075-406-5537
http://r.gnavi.co.jp/rn585ht60000/

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
10:06  |  ※和食  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.04.14 (Fri)

和食 うさぎ屋

大阪のたまちゃんから「ご一緒しませんか?」
とお誘いを受け、姫と3人でうさぎ屋さんへ。


『和食 うさぎ屋』/上賀茂

和食 うさぎ屋
▲4/7のおすすめメニュー

たまちゃんは今月いっぱいで地元・名古屋に帰るらしく、
挨拶を兼ねて…とわざわざ京都まで来てくれはったんです。

和食 うさぎ屋
▲ラボックブリュット(¥2600)、生ビール

お通しの後、まずはお造りをお任せで注文。
1人前ずつシェアして供してくれました。

和食 うさぎ屋
▲静岡 金目鯛
和食 うさぎ屋
▲若狭 春小鯛

春を感じる淡い色合いが綺麗ですね。
色は淡くても味はしっかり凝縮感。旨し。

和食 うさぎ屋
▲鹿児島 かつお にんにく醤油漬け
和食 うさぎ屋
▲淡路島 たこブツとふき

ここで女性2人はワインへ移行。
和食屋やのにソムリエのたまちゃんも驚く品揃え。

和食 うさぎ屋

しかも「ココのワイン、めっちゃ安いです!」とはたまちゃん談。
セレクトしてくれたのは白、赤1本ずつでこの2本。

和食 うさぎ屋
▲アルガブランカ(¥3300)

この白はだいぶ希少価値のあるワインらしく、
「こんな値段で出してる店ないですよ!」って。

和食 うさぎ屋

そんなこと知らずにいつも普通に頼んでたけど、
そう言われると今までより旨く感じるなぁ(笑)。

和食 うさぎ屋
▲自家製ハムと春キャベツのサラダ(¥750)

お次のこのサラダがめちゃ旨。自家製ハムが絶品。
大将曰く「いいハムが出来なかったらメニューに載せない」んだとか。

和食 うさぎ屋
▲あじの南蛮漬け タイムの香りと干しブドウの甘味(¥500)

南蛮漬けと干しブドウという意外な組み合わせが面白い一品。
でも、違和感どころか酸味と甘味がぴったんこかん感!

和食 うさぎ屋
▲鴨のモモ肉の和のコンフィ(¥950)

で、最後はガッツリ鴨肉で〆。これまた絶品でした!
いや~最近酒量を減らしてるとか宣言しておいて飲み過ぎた…。
すべてはこのお店の料理、酒、雰囲気のせいや(笑)。
ではではたまちゃん、名古屋に戻っても頑張って下さいね。お元気で~!!


最後にいつものおやじギャ句
「和やかな 笑顔で帰る 名古屋かな」

ぜひ押してね!←応援クリックお願いいたします

和食 うさぎ屋
京都市北区上賀茂藪田町8 ハウゼ上賀茂1F [地図]
075-723-5587
http://r.tabelog.com/kyoto/A2605/A260503/26013267/

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:54  |  ※和食  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2017.03.23 (Thu)

和食 うさぎ屋


週末、東京在住のミカさん夫妻がご入洛。
昨秋の東京旅行では、お2人に色々お世話になったなぁ。

ミカさんは京都出身で、姫の小・中学時代の同級生なんですが、
かなりのド天然な女性でこれまで残した「名言」は数知れず(笑)。

今回1泊されるとの事で晩は一緒にうさぎ屋さんへ。
今夜もいっぱい笑わせてもらおーっと。


『和食 うさぎ屋』/上賀茂

うさぎ屋

京都までは、旦那さん運転で来はったらしい。
旦那さんはミカさんとは正反対の(笑)超真面目な方。
それはそれはお疲れ様でした~と、30thハートランドで乾杯。

うさぎ屋

「車でどれくらいかかったんですか?」

旦那「7~8時間くらいです」

「そんなにかかるんですね」

ミカ「結構渋滞してたらしいわ」

「らしいわ…て、アンタまたずっと寝てたんかいな」

ミカ「あ、バレた?(笑)」

うさぎ屋
▲お通し

「いっつも旦那さんに運転させて自分は助手席で爆睡するよな」

ミカ「えへへ。でもな、でもな…」

一同「?」

ミカ「寝んとこう思ても、旦那の運転がじょうずすぎて眠くなるねん」

一同「うまいこと言うたー(笑)」

うさぎ屋
▲お造り盛り合わせ

で、まずの料理はお任せで頼んだお造り盛り。
三重天然ブリ、明石蛸、北海道ホタテ。どれも最高!

うさぎ屋
▲サンマルタンシャルドネ(¥2500)

撮影失念のカヴァ(¥2600)に続いては白ワイン。
和食屋やけどワインも豊富なのでミカさんも喜んでくれてはる。

うさぎ屋
▲鶏たたき あら塩わさび(¥650)
うさぎ屋
▲手作りシューマイ(1個¥120)

この手作りシューマイがまた旨し。
フワっと柔らかで肉の旨味がすんごい。皆絶賛。

うさぎ屋
▲高知稚いわしの天ぷら(¥620)

ほろ苦い稚いわしもアルコールを煽ります。
赤ワインへ移行。これもリーズナブル。

うさぎ屋

今夜、ミカさん達が泊まるのは国際会議場併設の施設との事。
国際会館内に宿泊できるトコがあるとは知らんかったなぁ。
「ネットで見つけてん。しかも結構安いねん」とミカさん。

うさぎ屋
▲和風鶏からあげ(¥600)

…ただ、「門限」があるらしく、ホテル出る時に門番のおじさんに、
「玄関は午後11時に閉めますから」と言われたんやて。

「えーー11時は早いよなぁ」

ミカ「まぁ、『遅れる場合は電話して』って言わはってんけど」

「電話1本で済むなら、あってないような門限ですやん」

ミカ「いやいやそれが、電話しても『12時』が限界らしくて」

「あ、1時間だけかぁ」

ミカ「しかも『12時なら、まだ起きてると思うので鍵開けますよ』って言い方やねん」

「まだ起きてると思う…ってめっちゃ適当やし!」

ミカ「そやろ。おじさんに睡魔が襲った時が門限てどう思う?」

一同「笑!!」

うさぎ屋
▲うす揚げ豚カツ(¥980)

皆で笑いながらもそら危険やということで、
2次会に予定してたあい和は取りやめ早めに帰ることに。
ミカさんも飲み出したらしつこい方やしね(笑)。

いや~しかし半年ぶりに会えて楽しかったです!!
また絶対東京でお会いましょう!と約束してお開き。
お陰で今夜は早く眠れるでしょうし(笑)、
明日は運転に気を付けて帰ってくださいね~!!


最後にいつものおやじギャ句
「車では 事故とミカさん 起こさぬよう」

ぜひ押してね!←応援クリックお願いいたします

和食 うさぎ屋
京都市北区上賀茂藪田町8 ハウゼ上賀茂1F [地図]
075-723-5587
http://r.tabelog.com/kyoto/A2605/A260503/26013267/

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:53  |  ※和食  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT