FC2ブログ
2012年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2012.12.26 (Wed)

なにわフレンチびぎんでクリスマスディナー

12/23。クリスマスイヴイヴの晩。
やって来たのは大阪・東心斎橋にある「びぎん」サン!

なにわフレンチびぎん

この日は「クリスマスディナー(8000円)」(23~25日迄)を予約してました。
とにかくココのマスタの作る料理はべらぼうに旨い!

ちなみにマスタのブログもべらぼうにオモロイんですよ~!
折角なので、今回はその“マスタブログ風”に綴ってみよ~(笑)。


『なにわフレンチびぎん』/東心斎橋

なにわフレンチびぎん

お店に入ると、スタッフさん、全員、笑顔、で迎えてくれはった、
その中には、マスタの娘さんも、お手伝いでいはって、ね、

この娘さん、まだ高校生で、しかも、超が付く、ベッピンしゃんで、
思わず、ひっくり返りそうに、なりマスタ(笑)。

しかし、ほんとにマスタから、こんなベッピンしゃんが…?
と、マスタのお顔を、今さらながら、再チェックすると、
ありゃりゃ、何かとってもスマート、に、なってはって、
よく見りゃ、男前で、

縦方向、は一緒も、横方向は、スッとそぎ落とされてて、
相変わらず、天政の出汁も完飲、らしいけど、よぉ走ってはるみたい、
やっぱ、運動やね。有酸素運動、せなあかん、ってことやわ、
食べたら、走れ、走れぬなら、食うな、
交通標語、ならぬ、小顔への、HOW TO 標語、やね。

なにわフレンチびぎん

で、

ボクは、カウンターに案内され、まずは、スパークリング。

なにわフレンチびぎん

これ、スキッと、美味しいよ、
しっかり2杯分、取れて、1200円は、値打ちあり。

で、お料理の、一品目、
「フォアグラのシュー・ア・ラ・クレーム」

なにわフレンチびぎん

マスタが、1時間かけて焼いた、と言うしっかりシュー、
中には、濃厚フォアグラのクリームが、ぎっしり、旨い!

でも、料理って、ハカナイね。
1時間以上、かけて作って、数十秒で無にならはる。


で、

次は、お名前が、少々長めの、お料理。

なにわフレンチびぎん

「高知県山下さんが、このコースの為に探してくれた、霜降り土佐和牛のイチボの冷製オードブル ブラックマジェスティ」

モモ肉の中の、貴重な霜降り部分の、綺麗なイチボ、
これをね、「生レバーの、ように」って、オイルと塩、
それにブラックマジェスティ、というチーズで頂く。
すごいね、こんな食べ方、あるんやな~、

なにわフレンチびぎん

また、このチーズ、が、すごく芳醇で美味。
それに負けず、イチボの、肉の凝縮感が、感動もの!

で、

ここで、ソムリエ・たまちゃんに、
「白ワインを、ボトルで、くださいな」とお願い。

でも、好みや希望を、ボクに、訊いてくれず、
「ヒノッチは、アルコールが、入ってれば何でも、いいもんね」
と、完全に、ボクを、アル中扱いで、

なにわフレンチびぎん

でも、悔しいかな、選んでくれた、この白が、
思いっきり、ボク好みで(笑)、

「ゆっくり、飲んでもらうと、味が変化しますよ」って、

あのね、たまちゃん、ご存知?
アル中は、ゆっくり、飲めない、生き物なんやで(笑)。

なにわフレンチびぎん

そして、3品目の、このスープは、
「淡路島 成井さんの日本一の玉ねぎのスープ カナダ産フレッシュオマールエビ」

なにわフレンチびぎん

スープに合わせて、パンも、来た。
このスープ、ものごっつい、美味しい、
完全な、玉ねぎ100%で、水や牛乳など、一切、使ってないんやて、

玉ねぎって甘い、イメージあるけど、これ、甘いだけじゃない、
すごく、コクもあり、でも、爽やかさも兼ね備え、なんしか美味しい。

なにわフレンチびぎん

オマールエビは、カナダから、直輸入で、
このスープには、尾の部分を使用、で、プリップリ、
こんなけ新鮮な、オマールを食べたんは、初めてやわ。

しかし、このお店、スゴイんよね。
電話は、ひっきりなしに、ジャンジャン、かかってくるし、
店内は、ドタキャンぽい、1席、を残して、まんちくりん。

なにわフレンチびぎん

「オマールエビの爪と腕肉のグラッセ ウニと、アーモンド風味のブールコンポーゼ」

続いて、さっきの、オマールの尾、以外が、来た。
爪の部分、の肉も、剥いて上に、乗せてくれてはる。

オマール半身、って、披露宴、とか、でしかお目見えできない、
そんな高級食材、なイメージ。しかも、カナダ産直送で、何とも贅沢、

なにわフレンチびぎん

ボクは、まず、腕身に味噌をまぶし、頂いた。

ら、

こりゃ、スゲェ~♪ワンダホー!な、絶品中、の絶品で、
思わず、脚の1本、1本まで、シガンでしまったよ(笑)。
いや~、こりゃ、過去イッチバ~ン、なオマールやわ、
いやいや、おそらく、この先も、イッチバ~ン、やと、思う、


で、次は、特大の、ホタテの登場で、

なにわフレンチびぎん

「鈴木さんが、根室海峡まで、行って、網で捕った、特大天然ホタテ貝 ほうれん草とくらかけ豆」

ところが、これが、特大、の許容範囲、を超える、サイズで、
その上の表記は、特特大、なのか、特大大、なのか、何しかデカイ。

なにわフレンチびぎん

鈴木さん、これが捕れたとき、「おっしゃ~」って、叫ばはった、かな~?
これを、目の前に、した客の、驚く顔と、笑顔を、想像しはった、かな~?

勿論、味も、美味で、ほうれん草のソースが、また素晴らしい!
一瞬、ホタテは、大味かも、って思ったのが、恥ずかしいくらい、の味、

なにわフレンチびぎん

「滋賀県守山市 有機無農薬のサラダ」

サラダの、ドレッシングも、マスタの手作り、で、
これが、ほんと、美味しいんよね、他では、ない味、
これ、びぎんサンでも、販売してはって、前に来た時、思わず3本購入。
家庭で、美味~な、びぎん風サラダ、が、味わえますよ、

なにわフレンチびぎん

「山原島豚の肩ロース肉のステーキ 香り高いソースと松本さんの育てた大根」

で、〆、は山原豚、でね、
これが、ひと口、食べて、参った~!、な旨さで、
今日、何回目かの、ひっくり返り、を起こし、そうになるほどで(笑)。

すごいね、この豚、
アグー系、みたいけど、今まで食べた、豚で、これまたイッチバ~ン、やわ。


余談だが、ココ、びぎんサンでは、料理5品+ワイン5杯、っていう、
「ワイン会」なるものを、不定期で、やってはってね、
もうこないだが、36回目、やったかな。
そのワイン会に、ボクは、第1回から13回目くらいまで、皆勤だったんだよ、エッヘン。

でもそれ以降は、引っ越し、やら、ほにゃららやら、で、
2~3回、しか、参加できてへん、かった。

なにわフレンチびぎん

「グランマルニエのアンビエ」
「リンゴジャム入りヨーグルトのパルフェと、リンゴのキャラメリゼ入りケーキ」

しかし、やっぱり、ここのコースは、エエわ~、
個人的に、ここのが、一等賞、やわ。

最初のほうに、料理って、数十秒で無になる、
って書いたけど、

違うね、


料理は、確かに無くなる、けど、

出て来てから、食べ終える、までの、その数十秒、数分、の間に、
驚き、と、感動、と、幸福感、を生んでくれはる。

喧嘩してた、カップルは、仲直り、の、特効薬になるし、
自分への、ご褒美、な、おひとり様は、また明日からの、パワーになる、


美味しい料理、は、胃袋だけじゃなく、
人それぞれの心に、色んな、糧、となって、残るんやね、

その為に、料理を、する方は、何時間も、何日も、
メニュー、を考え、食材を、調達し、仕込んで、くれはるんやわ、

マスタの料理は、特に、そんな事を思える、

そんな、料理、なんだよ…。



…そんなワケで、今日はマスタ風に綴ってみました。
マスタファンの方からはお叱りを受けそうですが、
何卒、年末の無礼講、って事でお許しください~(笑)。
ほんと、美味しい料理と素敵な空間のお店なので、皆様も是非!


最後にいつものおやじギャ句
「『、』と『。』 多用するのが 苦闘点」

今日も応援クリックお願いいたします!
ありがとうございます!!

なにわフレンチびぎん
大阪市中央区東心斎橋 月虎51番館4F [地図]
06-6211-1240
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27012008/dtlrvwlst/323355/

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
11:53  |  ※フラ、イタ、スペ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |