2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.07 (Mon)

【1次会】すしと酒 手水や

<7月24日水曜会/1次会

祇園祭・後祭の日と重なった水曜会。
街中は「還幸祭」真っ最中。夜中まで続くらしい。

手水や

この人波を越えた後、出番待ちの馬の後ろを通ろうとして、
係の人に「近寄っちゃダメ!」と注意されたりしつつ…、

手水や

真後ろを通ったら蹴り飛ばされるねんて。
やっと辿り着いた1次会のお店はこちら。


『すしと酒 手水や』/柳馬場六角

手水や

以前は魚戸いなせやさんだったトコ。
「手水や」と書いて「ちょうずや」と読みます。

手水や

通された2階はL字の掘りごたつ席となっており、
今夜は22名でお邪魔いたします。

手水や

飲み放題付のコースは、「ひとり予算¥5000から」。
金額UPすれば、料理や選べる日本酒も増えるとの事で、
日本酒好きなメンバーも多い故¥6000でお願いしました。

手水や

豚金親父ニッチンかんちゃんなど久々参加のメンバーも多いなか、
初参加はみゆきちゃんみゆきちゃんマッツンマッツンの2名。

手水や

2人とも私が“1週間独身生活”の時にお会いした女性。
その時に水曜会の話もして、参加してくれる運びとなりました。

手水や
▲おばんざい6種
手水や
▲お造り3種

優しいお味のおばんざいに始まり、
お造りはハマチ、カツオ、イカ。

手水や

鰻と賀茂茄子と夏野菜の煮浸し。
夏野菜には体を冷やす効果があるんだとか。

手水や
手水や

お酒は良さげな銘柄のを出してくれはります。さすが。
近江の美冨久酒造のお酒をメインに置いてはるらしい。

手水や
▲小鮎の二色揚げ

頭から骨ごとザクザク食べられる小鮎。
苦味も妙味。さらに夏が続きます。

手水や
▲はもおとし

見ただけで涼しくなる白く澄んだ鱧。
梅肉と食べると更に涼を得られます。

手水や

しかし皆よぉ飲むなぁ(笑)。最後は皆のお待ちかね。
コースのトリを務める「握り盛り」!

手水や
▲おまかせ握り5貫

ヨコワ、イカ、海老、カンパチ、玉子。
寿司ってテンション上がりますよね~。旨し。

手水や
▲赤出汁
手水や
▲白胡麻のムース

最後はデザートも出て来て終了。
いや~季節を感じ、季節の旬を頂けるええコースでした!
「監督」をはじめ、スタッフさんも明るく素晴らしい方々でしたよ。
んじゃ2次会に移動しましょう。ご馳走様でした~~!


最後にいつものおやじギャ句
「近江米 使用の酒を おみまいだ」

ぜひ押してね!←応援クリックお願いいたします

すしと酒 手水や
京都市中京区井筒屋町421 [地図]
075-708-7319
https://www.hotpepper.jp/strJ001168381/

【参加者】ヒノッチ大ちゃんポン吉ダルマッシュマッキー豚金親父トシさんシンペイアーサーリョウタくんニッチンとうさんガッキーまこっちゃんもーりー愛ちゃんかんちゃんマツイめーさんやまうみゆきちゃんマッツン
【お支払い】132000円/22名

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
16:58  |  ※魚  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |