FC2ブログ
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.15 (Wed)

土佐料理 心

炎のスペクタクルライブ。
カウンターはその特等席。

土佐料理 心

ここで炙られる“アレ”を目当てに、
以前の水曜会で伺った「心」さんに来店。


『土佐料理 心』/三条新町

土佐料理 心

両親と姫に“アレ”を食べてみてほしくて。
逸る気持ちを抑えまずは乾杯。

土佐料理 心
▲生ビール
土佐料理 心
▲お通し

お通しのアラ汁が温かく、色んな味がしてとにかく旨い。
そしてショーを終えた主役の“アレ”がついに登場!

土佐料理 心
▲はがつおタタキ(¥1000)

かつお!…の塩タタキ!!
これが絶品中の絶品なんです。

土佐料理 心

いい塩梅に塩が身になじんでいて、ナンボでも食べれる旨さ。
しかもナンボ食べてもしつこくない。それほど新鮮な鰹を使用。

アートステーション

母も姫も「これは初体験の味やわ~」と大絶賛。
4人で2皿頼んだけど、「1人1皿ずつ食べられる!」って。

土佐料理 心
▲土佐ジロータタキ(¥1000)

土佐ジローは高知の地鶏で旨味がすごい。

土佐料理 心
▲ポテトサラダ(¥600)

テンコ盛りが嬉しいポテサラはなめらかタイプ。

土佐料理 心
▲お造り盛り合わせ(¥?)

造り盛りは、いがみ、地だこ、くじらウネスなどで…、

土佐料理 心
▲ばしょうカジキ大トロ

中でもこの「ばしょうカジキ大トロ」が逸品。

土佐料理 心
▲厚切り肩ロース塩焼き(¥800)
土佐料理 心
▲ローストンカツ(¥900)

豚は四万十町産の窪川米豚。
焼きよりトンカツの方がより肉質の柔らかさを感じます。

土佐料理 心
▲四万十産天然うなぎの白焼(¥1500)

身がちと寂しいうなぎに…、

土佐料理 心
▲赤にし貝バター炒め(¥800)

コリコリ食感に旨味凝縮の赤にし貝…、

土佐料理 心
▲しらうお天ぷら(¥600)
土佐料理 心
▲特大アスパラ・ゆで(¥800)

そして最後はアスパラを頂きお会計。
鰹のタタキの興奮は全員最後まで冷めることはありませんでした。
次回は1人1皿ずつやね。ご馳走様でした~!!


最後にいつものおやじギャ句
「四万十の 豚を食べよう 惜しまんと」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

土佐料理 心
京都市中京区三条町334 [地図]
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26023970/
075-741-7380

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
15:19  |  ※居酒屋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |