FC2ブログ
2018年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2018.01.10 (Wed)

Birichinata(ビリキナータ)

昨年暮れ、姫と2017年の外食納め。
選んだのはOPEN1周年を迎えられたビリキナータさん。


『Birichinata(ビリキナータ)』/北山大宮

Birichinata

まさに我々にとってラスボス的(大トリにふさわしいって意味ね)なお店。
この1年で何度伺ったやろ?とにかくなんでも美味しいイタリアン。

Birichinata
▲CREMANT D'ALSACE(¥6000)

まずは生ハムをつまみつつ食べたいメニューを熟考。
今夜もたくさんの魅力的な料理名が黒板を埋めているんです。

Birichinata
▲イタリア産コッパ(¥980)

コッパとは豚首肉の生ハムで、スパイシーで味わい深い。
食感もしっかりで“噛めば噛むほど…”なタイプ。これハマった!

そして注文したのはカルパッチョ。

Birichinata
▲平目のカルパッチョ(¥1600)

キレイな盛り付けに驚き、新鮮な平目の甘さにまた驚く。
そこに紫大根などカラフル野菜のシャキシャキ感の効力。

アートステーション

続いて「淡路島産玉ねぎのスープ」と「自家製オイルサーディン」。
この2品は齊城オーナーがお勧めしてくれたもの。(スープは写真失念)

Birichinata
▲自家製オイルサーディン

オイルサーディンは肉厚で旨味が凝縮。
塩分を利かせすぎない優しく上品な味わいがGOOD。

そしてクリーム系のパスタを具材お任せで注文。
「やっぱり今なら蟹でしょう」と調理にとりかかるオーナー。

Birichinata
▲ズワイ蟹とカリフラワーのブルーチーズクリームパスタ(¥1900)

手際よく完成し、姫の分と半分コして出してもらった一皿。
蟹の旨味にブルーチーズ・クリームのコクが重なりめちゃくちゃ旨い!

Birichinata
▲長野県産黒毛和牛「トンビ」の低温ロースト(¥2800)

そしてラストはやっぱり牛肉。トンビとはウデ肉の事で希少部位らしい。
絶妙火入れに際立つ美しいサシ!肉質は柔らかく溢れ出る旨味!

いや~やっぱりココは最強。ラスボスで間違いないわ(笑)。
1周年おめでとうございます&1年間有難うございました。
また2018年も宜しくお願い致します。ご馳走様でした~~!!


最後にいつものおやじギャ句
「お任せの パスタの旨さに 負かせられ」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

Birichinata(ビリキナータ)
京都市北区紫竹上緑町5 グリーンハイツマークⅠ 1F [地図]
075-492-7775
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26028198/


ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:58  |  ※フラ、イタ、スペ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |