FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.11.30 (Fri)

【水曜会】イタリア食堂 910(後編)

【2018年10月31日ミステリー水曜会

今宵はミステリー水曜会。
伺ったお店は『イタリア食堂 910』さん。


『イタリア食堂 910』/河原町三条

イタリア食堂 910

このテナントは本来、フリースペース的に使用されているそうで、
オーナーさんが夜だけ間借りしてこのお店を営業してはるらしい。

イタリア食堂 910

だからお店の内装も(賃貸者の個人の私物が置いてあるところとかも)、
とても飲食店っぽくはないんですが、逆にカジュアルな雰囲気で落ち着くんです。

アートステーション

そして今夜はハロウィンナイトと重なったので、
仮装して来てくれたメンバーも多くいました。

イタリア食堂 910

何度見ても笑ける約2名(笑)。

…で、料理の方は歓声が上がるほど綺麗な「前菜盛り」に続き、
運ばれて来たのはこれまた彩り美しいサラダ。

イタリア食堂 910
▲サラダ

「(気候が)涼しくなって、トマトが美味しくなりました」とオーナーシェフ。
1品ごとに料理の説明をしてくれはるんです。ほんまトマト甘い!

イタリア食堂 910
▲グリッシーニ

しっかり塩味が効いていてそのままでも旨いグリッシーニは、
「九条ねぎとごま」と「ヘーゼルナッツ」の2種。

イタリア食堂 910
▲バーニャカウダ

大皿に踊る色鮮やかな野菜たちは、鈴かぼちや、インカのめざめ、四角豆。
中央のソースにディップしていただきます。鈴かぼちゃは生のままでポリポリ。

イタリア食堂 910

お次はカツオとアボカドと、何とみかんのタルタル。
レモンで和えるよりまろやかな仕上がり。

そしてパスタが2種。

イタリア食堂 910
▲ピスタチオのソース

全粒粉パスタに高濃度のピスタチオソースがベリーマッチ。

イタリア食堂 910

2種目はインカのめざめを使ったニョッキに、
ソースは紫頭巾と赤牛のテール。旨いわ~。

と、ここで、“女性アーミー”に扮していため~さんが、
「お腹廻りがキツくなってきたから着替えてきま~す」とトイレへ。
てっきり普段着で帰ってくるかと思ってたら、なんと…、

イタリア食堂 910

今度は落武者かい!まさかの二段オチに皆爆笑。
やってくれるわ~。役者や。色んなもん捨てなできひんレベルや(笑)。

イタリア食堂 910
▲鹿モモのカツレツ

一方料理もハイレベル。結構品数も出てきてますね~。
この鹿も臭みなどみじんもなくあっさりパクパク胃に入る。

イタリア食堂 910
▲鴨肉 イチジクのソース

さらに鴨!すばらしき勢い。少し甘めのソースが合います。
四方竹、クロケッタと一緒に。

イタリア食堂 910

続いてオーナーシェフ自ら取り分けてくれはるのが、
「温かいイチヂクとゴルゴンゾーラ グラタン風」。

イタリア食堂 910

「先の鴨のソースが合いますよ」とのこと。
そしていよいよ〆。「ポルチーニ茸ときのこのリゾット」。

イタリア食堂 910

凝縮した味わいにきのこのうまみを満喫して終了。
いや~ここはスゴイ。素材が素晴らしいしオーナーの心意気がいい。

イタリア食堂 910

あ、デザートまでありました!
ほんますばらしい料理たちでした。大満足!

イタリア食堂 910

で、トウさんによる一丁締めの後、
お店の方に集合写真を撮っていただきました。

イタリア食堂 910

最高に美味しくて、最高の時間を過ごせました。
お店の方に大感謝!そして最高に楽しいメンバーたちにも大拍手です!
仮装をしてくれたみなさんもお疲れ様でした。

イタリア食堂 910

ほんまにお疲れ様でした~~!!(笑)


最後にいつものおやじギャ句
「間借りする シェフの信念 曲がりなし」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

イタリア食堂 910
京都市中京区南車屋町282 モリタビル4F [地図]
050-3696-0910
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26029250/
【参加者】ヒノッチポン吉ハデッチダルマッシュマッキートシさんアーサーシンペイリョウタくんとうさんせいちゃんサーリすなちゃんゆきぽんめーさんマツイみわちゃんあゆちゃん
【お支払い】108000円/18名

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:50  |  ※フラ、イタ、スペ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT