FC2ブログ
2019年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2019.03.05 (Tue)

【水曜会】Birichinata 後編

【2019年2月13日水曜会/リメンバー第3弾後編】

今宵の水曜会は2度目のビリキナータさん。
頂いたのはお任せコース料理。その後編です。


『Birichinata(ビリキナータ)』/北山大宮

Birichinata

前半の料理は、圧巻の前菜5種と地野菜が嬉しいサラダ。
これで一旦胃は落ち着くかと思いきや、更に要求している模様。
旨いものは食べれば食べるほど腹が減るのでしょうか(笑)。

アートステーション

で、お次は魚のカルパッチョ。魚は今を時めく熟成魚。
個人的にお邪魔した時にも何度か頂いている逸品です。

Birichinata
▲熟成ヨコワのカルパッチョ

「魚は新鮮なほど旨い」は、もはや都市伝説?
そう思えるくらいこの熟成ヨコワの旨味はすごく、
身全体に回る脂はバルサミコを跳ね返すほど豊潤。

Birichinata
▲ホタルイカと菜の花のブルギヨンバター

皿の上で出会った海の旬と陸の旬。相性抜群、相思相愛。
お互いの姿形、食感、味が全く違うから上手くいく。補い合うイメージ。
まとめ役のブルギヨンバターがまたええ味やなぁ。最高の仲人です。

Birichinata
▲赤えびと旬野菜のラクレットチーズのグラタン

またまたすごい料理が登場。こんなん旨いに決まってる。
綺麗な焦げ目のラクレットチーズが表面を覆うあつあつのグラタン。

Birichinata

そこにスプーンを差し込めば、ふわっと解放された香りのなんと芳しいこと。
中にはイキのいい野菜たちがゴロゴロ。ほんまココの野菜は旨すぎる!
有機野菜、無農薬野菜等の特別栽培されたものを自ら仕入れてはるんやて。

Birichinata
▲バケット

そして今度は熟成の鯛を使ったパスタ。熟成魚って廃棄する部分も多いはず。
ただでさえ高級魚を仕入れてはるお店やのに…、とこっちが心配してしまう。

Birichinata
▲熟成鯛と新海苔とペペロンチーノ フジッリ

でもひと口食べればその心配が感動に変わる。旨味と香りがすんごい!
パスタはそれらが絡みやすいフジッリ。アルデンテより少しだけ硬め。
なので噛む。噛むほどに鯛と海苔の滋味の波紋が口に広がります。

そしてメイン。なんと鹿肉。もみじ。

Birichinata
▲鹿肉の低温ロースト

美しいおにく。赤が濃い。そしてこれがとてつもなく旨い!!
鹿肉はいつぶりか忘れたけど、こんなに旨かった記憶はないわ。
熟成魚の旨味とは全く違うタイプの旨味。鉄分を感じます。

そして最後はデザート。もちろんシェフの手作り。

Birichinata
▲チーズケーキ

このチーズケーキがスゴイの何の。「濃厚」という表現ではまだ薄い。
驚くほど素材にこだわり、手間をかけたらしい。こんなん2度と食べられない!

いや~高評価だった1度目より更にパワーアップした印象!さすが齊城シェフ!
料理もここでしか食べられないものばっかりで値打ちありまくり!
北山大宮までわざわざ足を運ぶだけの価値はありますね!!
皆も大感動、大感謝で、「ご馳走様でした~~!!」


最後にいつものおやじギャ句
「有機野菜 使ってますと 言う齊城」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

Birichinata(ビリキナータ)
京都市北区紫竹上緑町5 グリーンハイツマークⅠ 1F [地図]
075-492-7775
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26028198/

【参加者】ヒノッチポン吉ダルマッシュ豚金親父マッキーケンちゃんトシさんシンペイサーリくまちゃんかんちゃんすなちゃんマツイみわちゃんあゆちゃんはつ

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
18:01  |  ※フラ、イタ、スペ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |