2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.12.01 (Tue)

にほん酒食堂 しずく

先日のヌルオと飲んだ記事を読み返すと、
何げに彼をディスっちゃってるような気が…(笑)。

で、お詫びがてら今回は私が誘い、
また烏丸御池で待ち合わせしてこちらへ。


『にほん酒食堂 しずく』/高倉二条

にほん酒食堂 しずく

ジモッピーの愛ちゃんに教えてもらった「しずく」さん。
愛ちゃんはほんまエエお店をよく知ってはるんです。

にほん酒食堂 しずく

しかもヌルオが日本酒好きなのを考慮してチョイスしてくれたんやと思う。
で、よぉ混んでる店内の一番奥のカウンター席へ通されました。

にほん酒食堂 しずく
にほん酒食堂 しずく
▲お通し

まずは生ビールで乾杯。
お通しの「柿の白和え」が上品な味わいで旨し。

料理1品目はお造りから。

にほん酒食堂 しずく
▲熊本県産 天然あこう(1200円)

「あこう」は熊本での呼び方で通名「キジハタ」という高級魚。
この半透明の身が見た目以上のコクと食感があり、めちゃ旨い!

にほん酒食堂 しずく
▲山口県産 鯨肉のパストラミ(600円)

お次はいわゆるクジラの燻製。これも美味!
おろしニンニクを乗せたら更旨です!

にほん酒食堂 しずく
にほん酒食堂 しずく
▲秋田県/新政(グラス・700円)

たまらずヌルオは日本酒へ。
ワインボトルのような4合瓶ですね。グラスは5勺入り。

そして次のすじ煮込みがすごいのなんの!

にほん酒食堂 しずく
▲酒粕入りすじ土手煮込み(680円)

酒粕の甘味とコクのインパクト。でもしつこくない。
この旨さは毎回必食したいと思うほどの逸品です。

にほん酒食堂 しずく
▲秋田県/刈穂(1合・1160円)

で、ここからは私も日本酒に。
「どっしり辛口」という「刈穂」。旨いなぁ~!

にほん酒食堂 しずく
▲しずくの自家製 チキン南蛮(750円)

肉厚ジューシーなチキンに極旨タルタルが絡む。
おそらくこれにも酒粕を使ってはるんやと思う。

アートステーション

しかし料理が旨いと酒の無くなるペースも早い。
お次の日本酒はヌルオが店主さんに相談して、
「メニューには載せてないのですが…」と出されたもの。

にほん酒食堂 しずく
▲長野県/居谷里(1合・?円)

「もち米を使った贅沢なお酒です」と店主さん。
「甘いけど後味にキレがあって旨いです」とヌルオ。

にほん酒食堂 しずく
▲名物 自家製 有頭エビの沖漬(1尾350円)

刺身用で食べられる大きな赤海老を使った沖漬け。
これが酒のアテにぴったり!頭の味噌がたまりません!

にほん酒食堂 しずく
▲愛知県産 銀杏の塩炒り(500円)

いや~ほんまココはすごい!料理が素晴らしいし、
「こういう居酒屋に行ってみたかってん!」と思えるお店!
愛ちゃんありがとう~!!

にほん酒食堂 しずく
▲青森県/陸奥八仙(1合・1200円)

と、ここで私の隣のおひとり様女性がお会計しはったので、
「次はどちらへ?」と話しかけてみると「ホテルに帰ります」って。

聞けば、一人で宮崎から京都観光に来てはるらしく、
ならばもうちょっと飲みましょう~!と乾杯。

にほん酒食堂 しずく

紅葉目当てで来はったらしいけどもう終わってた、とか
色々話しが盛り上がり3人でもう1軒行くことになりました。
あ、いや、これは決してナンパなどではありませんので…(笑)。


最後にいつものおやじギャ句
「一人旅 紅葉見れず ツレないね」

クリックお願いいたします!←応援クリックお願いいたします

にほん酒食堂 しずく
京都市中京区瓦町540 [地図]
075-231-6078
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260203/26023530/

ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
13:38  |  ※居酒屋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://suiyo2.blog102.fc2.com/tb.php/1386-b2479624

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |