2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.01.27 (Fri)

Birichinata


「ヒノッチ、奥さんとうちの新年会に参加しない?」
と誘ってくれはったのはもんむさん。

もんむさんは岩倉にある丹羽内科医院の院長先生で、
定期的に身体中チェックしてもらってる私のかかりつけ医


そんな医院の新年会に今回お誘いいただけたのは急な欠員が出たかららしい。
いや~めっちゃ嬉しいなぁ!インフルエンザバンザーイ!(不謹慎やろ)


『Birichinata(ビリキナータ)』/北山大宮

Birichinata

しかもお店はビリキナータさん!
昨年、院長ご夫妻が、このお店を私のブログで見て来店され、
その日のうちにこの新年会の予約をするほど気に入らはったそう。

Birichinata

「だからええお店を教えてくれた御礼もあってヒノッチに声かけた」ともんむさん。
ふぇ~そんな誘い方されたのはじめてやわ。かっこええ先生や~。

Birichinata

で、まずはスパークリングで乾杯から。
メンバーは院長ご夫妻、女性スタッフさん4名、我々の全8名。
皆様今夜はお邪魔します~!

Birichinata

コース料理もスタート。
1品目は新年のめでたさを感じる配色の一皿。

Birichinata
▲小蕪の凝縮 スペイン産生ハム

「コカブラのギョウシュク?」と思わず聞き返すと、
「小蕪の中の水分を時間をかけて飛ばしていく」んだそう。

Birichinata

ひと口食べればなるほど引き締った甘味のすごさ!
生ハムの塩分との相性も抜群です。

Birichinata

小蕪はこの日の朝に、オーナー自ら上賀茂の農園で採ってきはったらしい。
ソースも旨すぎなのでバケットをもらいさらえます。

Birichinata

ワインは白から。
料理に合わせてもんむさんがチョイス。

Birichinata
▲フランボワーズのきずし

次に登場はフランボワーズビネガーで〆た九州の鯖。
香りも味もフルーティな仕上がり!酸いくないねん。上に乗るのは鱒の卵。

Birichinata
▲北海道・雲子のムニエル

雲子は上半表面だけ香ばしく揚げられ中はトロットロ!
合わせるスープは金時人参で、驚くほどの甘さと旨味。

Birichinata

これが素晴らしすぎるマリアージュ!
スープは金時人参自身の甘さ以外一切足していないとのこと。
ゆっくり時間をかけて甘味を引き出すとこんなに甘くなるんやて。

Birichinata

ご一緒させてもらった女性スタッフさんたちはずっと楽しそうに食事してはる。
医院でも患者さんへの対応がすごく親切でいい方々やなぁと思ってたけど、
ほんまに優しく温かい皆さんなんです。

Birichinata

2匹の高級なワンちゃんを飼う方、皆お酒が弱い中一番嬉しそうに飲んでる方、
明日久々にスノボに行くので次回出勤を不安視されてる方(笑)、
あともう1方は誕生日がなんと「昭和最後の日」という4名。
しかし1日違いでえらい違うよなぁ。ま、これで全員昭和仲間ということですね(笑)。

皆で笑ってたら1つ目のパスタが登場。

Birichinata
▲山口・甘鯛と菜の花のパスタ 柚子風味

シンプルながら色々な食感が楽しく、色々な風味が口を廻る。
それらの味を引き締める甘鯛の存在感がすごい。旨いなぁ!

Birichinata
▲泉州穴子とレンコンのフレッシュトマトパスタ

2つ目パスタはフリッジ。レンコンのアクセントがいい。
ソースは極旨穴子を邪魔しない絶妙な塩梅。素晴らしい。

お次は、パッと見では何かわからないだろう一品。

Birichinata

紅芯大根の下…「カツレツ」ですが問題は中身。
薄紅に輝くは、豚でも牛でも鶏でもありません。

Birichinata

正解はなんと寒ブリ!これが絶品!
サッと揚げられ激レアの寒ブリは未体験の食感と甘味。

Birichinata
▲長野・黒毛和牛サーロインステーキ ビーツ添え

メインはすんごいステーキ!2時間低温火入れ。
ここは出てくるたびに気持ちが昂る料理の連続。

Birichinata

口に入れた瞬間から溶け出す脂の甘味。
そして噛むほどに溢れる肉汁と滋味。たまりません!

Birichinata

最後にコーヒーとデザート。

Birichinata
▲カッサータ

カッサータというイタリアンアイスデザートは感激の旨さ!
ナッツの食感が愉しく、エスプレッソのジャムが大人な味に。

いや~すごいコースでした。感動、感激、驚き、感心、すべてあったわ。
8人全員がずっと美味しい言ってたもんなぁ。
ほんともんむさんご馳走様でした!皆さん有難うございました~~!!


最後にいつものおやじギャ句
「昭和組 とてもいられぬ 平静じゃ」

↓応援クリックお願いいたします
ポチッと押してね!

Birichinata(ビリキナータ)
京都市北区紫竹上緑町5 グリーンハイツマークⅠ 1F [地図]
075-492-7775
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26028198/


ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
14:06  |  ※フラ、イタ、スペ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://suiyo2.blog102.fc2.com/tb.php/1560-2011514d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |