2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.11.08 (Tue)

第2回Pちゃんの手料理会(前編)

【2011年11月08日(火)】

大反響を巻き起こした「第1回」から3か月…

ついに、ついに、

「第2回」の火蓋が切って落とされようとしています!

そうそれは、Pちゃんが皆に手料理を振舞ってくれる…


「第2回 Pちゃんの手料理会!」



実況「みなさんこんにちは、今日はこの歴史的な会を実況させていただきます。解説はヒノッチさんです」

「こんにちは、宜しくお願いします」

「しかしヒノッチさん、第1回の反響は凄かったようですね」

「ええ。ブログを見て『次は是非参加したい!』というメンバーが多くて多くて…」

「どの料理も美味しそうでしたもんね。で、仕方なく人数制限をしたとか?」

「そうなんです。ウチの狭い部屋では10人が限度で…」

「なるほど。…おっと、会場にメンバーが到着しましたよ!会場の大ちゃん、そちらの様子を伝えてください!」

大ちゃん「はい、こちら会場の大ちゃんです。まずは5名でスタートで、徐々に増えて行く模様です」

「おや?!いきなりダルマッシュが自分の袋からなにやら取り出しましたね」

第2回Pちゃんの手料理会

「え~、確認しましたところ、『缶ビールがビールサーバーになる器械』のようです」

「ほお~そんな器械があるのですね」

「缶にセットしボタンを押すだけで、クリーミーな泡が出てくるそうです」

第2回Pちゃんの手料理会

「しかし…、なかなか苦戦してるようですが…」

「ボタンを押しても、肝心の泡がうまく出ない模様です」

「電池は入ってるんでしょうか?」

「ええ、ダルさんは『ちゃんと入れた』と言っています」

「泡が出なければこの器械を使う意味がないですよね?ヒノッチさん」

「ええ。皆も無言で見守ってますが、心の中は同じことを思ってるんじゃないでしょうかねぇ?」

「と、言いますと?」

「大ちゃん、どうでしょう?」

「はい…、実はさきほど、あっこはそれを口に出してしまったんです…」

「何と?」

「『缶のまま注いだほうが早いんちゃいます?』と…」

「プッー!」

「あ、とりあえず全員分のビールが注がれたので乾杯をするようです」

「お!いよいよですね!じゃあヒノッチさんも会場へどうぞ!」


「じゃあPちゃん、今回もよろしくね!乾杯~!」

第2回Pちゃんの手料理会


「泡…少なっ…」

「………」


そんなこんなで第2回も無事スタート…

第2回Pちゃんの手料理会

「えー、大ちゃん、まず出て来たその料理を説明してください」

「あっこからの差し入れで、辛スルメは旦那さんが作ってくれたもの、とのことです」

「あっこ作の枝豆ニンニクも旨いですよ~」

「Pちゃんの料理が出来上がるまでのアテですね。さすがあっこさん」

「あっ、台所のPちゃんに動きがありました。いよいよ料理の登場です!」


第2回Pちゃんの手料理会

「おお~、まず出て来たのは鱧!綺麗な鱧ですね~」

「身がすごく分厚くてプリプリ!むっちゃ旨いです!」

「今回もPちゃん、皆を1品目からうならせています!!」


第2回Pちゃんの手料理会

「鯛も弾力スゴイ!サイコ―に旨い~!!」

第2回Pちゃんの手料理会

「しかしどれも新鮮そうな刺身ですね~」

「錦市場にPちゃんの友人が働いている鮮魚屋さんがあって、Pちゃんが今朝、取りに行ってくれたそうです」

「それは新鮮なはずだ」

「醤油でなく、岩塩で食べても美味しいです!」

第2回Pちゃんの手料理会

「おっと、続いて出て来たのは肉ですか!」

「鶏と鴨です!ボリュームもスゴイです!」

第2回Pちゃんの手料理会
第2回Pちゃんの手料理会

「ほんと綺麗な鴨ロースやね~!凄く美味しい!」


「あっ、それでか…」

「ヒノッチさん!ダルさんが何やらゴソゴソしてますが…」

「ダルさん、どうしました?」

「いや、泡がね、ちゃんと…」

第2回Pちゃんの手料理会

「あ~、ちゃんと生ビールみたいな泡になってる~!」

「あれ、ほんと。何か間違ってたんですか?」

「いや、電池をね。あの~、逆さに入れてたみたい」

「は?!電池を逆に?!」

「そんな初歩的なミスだったんですね。え~っとヒノッチさん、ちなみにダルマッシュさんのご職業は…」

「はい、まさかの、電気工事屋サンです…」


(つづく…)


最後にいつものおやじギャ句
「慌てずに ボタンを押すも 泡出ずに…」

今日も応援クリックお願いいたします!
ありがとうございます!!


ご意見、ご質問などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
23:58  |  ※番外編  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■ああ、恥ずかしい(p_-)

穴があったら入りたいんで
ヒノッチ邸の車庫にでも掘っておいてください
ダルマッシュ |  2011.11.09(水) 16:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://suiyo2.blog102.fc2.com/tb.php/440-b137efb8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |