FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2017.12.08 (Fri)

旨いもの食べに行き台湾!(4)

台湾食べある記

【旨いもの食べに行き台湾!】 (1) (2) (3) (4)

いや~料理はめちゃくちゃ旨かったけど、
お店に置いてたアルコールは、ビールと紹興酒だけとはちょっとアテが外れたなぁ。
しかも紹興酒はボトルしかなかった。さすがに2人じゃ無理や。

ま、次のお店に期待しよう。
飛び込んだのは先のお店から歩いてすぐの『小上海』。

台湾食べある記

一見、テイクアウトっぽい造りのお店やけど、
奥にテーブルがあるのが見えたので入店。

台湾食べある記

で、お店のお姉さんに「ビール(ありますか)?」と訊くと、
手を横に振ったあと、店前の通りの向こうを指差さはった。

台湾食べある記

そこにはファミリーマートが。
どうも、ビールはコンビニで調達して持ち込めとのこと。

逆にこれは有難いかも。ハイボールがお店で飲める!
とコンビニに入って冷蔵庫を見るも…、

台湾食べある記

置いてるのはビールと日本の甘い缶チューハイぐらい。
やたら種類の多いビールを1列ハイボールにしてほしいわ(笑)。

で、店に戻るともう料理が出来てました。早い!
とりあえず乾杯。

台湾食べある記

しかし他の客もアルコールは持ち込んでるんやろか?
と思って見渡すと、誰も酒など飲んでない。それどころか水さえ飲んでない。
皆、1杯の麺をすすってはるだけなんです。

アートステーション

ここでやっと気づいた私たち。
こっちの人は、飲みながら食べる習慣がないんじゃないかと。
スマホで調べてみたら、ほんまにそうでした。ビックリするなぁ。
ま、現地の人はこんな日本人を見てビックリしてるんでしょうけど(笑)。

台湾食べある記
▲紅焼牛肉麺

見た目より結構あっさりなスープ。
もうひとパンチ欲しいと思って引出し開けたら、これこれ。

台湾食べある記

台湾食べある記

この調味料たちで自分好みの味に仕上げるんですね。

台湾食べある記
▲炸排骨

こちらも薄味。
このまま食べるより、ラーメンのスープに浸すと旨かったかも。

いやいやしかし、台湾の飲酒事情がわかった今、
今後伺うお店にアルコールがあることを祈るのみやわ。

台湾食べある記

で、路線バスに乗ってホテルへ。
バスも慣れれば快適。たった15NT$(≒¥57)ってのが素晴らしいわ。

ホテルに着くと、近くが賑やかだったので確認に向かうと、
…あ、夜市!

台湾食べある記

へぇ~楽しいなぁ。
姫は「フルーツ食べたい」って。

台湾食べある記

パイナップル(50NT$≒¥190)を購入。
私が気になったのはこちら。

台湾食べある記

「鴨」って書いてある屋台。
鴨の色々な部位の串焼き…かな?

台湾食べある記

台湾食べある記

しかも1串20NT$(≒¥76)からと安い。
こんなグロテスクな部位も…(笑)。

台湾食べある記

台湾食べある記

好きなのを銀の皿に入れてお店のおじさんに渡せば、
「辛口OK?」とか訊かれて、焼き直して味付けしてくれはります。

台湾食べある記

で、部屋に帰り寝酒
ホテル近くのファミマにはハイボールありました。

台湾食べある記

これ、鴨かと思たら、こちらではアヒルを「鴨」と書くようで、
めちゃくちゃジビエな香りと味でした。

台湾食べある記

パイナップルはめちゃ旨でしたよ。
んじゃ、これにて1日目終了。お休みなさい~!

(続く)

最後にいつものおやじギャ句
「グロテスク 温かいうち 食ろて、すぐ」

ぜひ押してね!←応援クリックお願いいたします

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
18:00  |  ◆台湾食べある記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.12.07 (Thu)

旨いもの食べに行き台湾!(3)

台湾食べある記

【旨いもの食べに行き台湾!】 (1) (2) (3)

いや~台湾の火鍋人気の凄まじさを見て、
一気に焦りが生じた私と姫。

旅行初日から晩飯難民になるわけにはいかん。
なので、「とりあえず今夜は火鍋はあきらめよう」と早めに決断。

ならば次なる一手は、もう1つの台湾鉄板グルメ「小籠包」狙い。
日本でオススメ店を多数登録して来た姫のスマホで検索し、
それほど遠くなさそうなお店へタクシーで向かうことに。

アートステーション

しかしまあ街中のタクシーの多いこと。
日本と違って、皆同じボディーカラー(黄色)やから余計そう感じるのかも。

それに、ほとんどの運転手さんは日本人歩行者を見つけると、
運転席から「乗らないのかい?」って素振りを見せて来るんです。

台湾食べある記

で、初乗車。ドアは自分で開け閉め。
大柄な運転手さんにスマホでお店の住所を見せ、約10分で到着。
ちなみに代金は120NT$(≒¥460)。日本の半額程度かな。

台湾食べある記

伺ったお店は『蘇杭點心店』。
姫の勤め先の社長が勧めてくれたお店やて。

台湾食べある記

めっちゃ空いててすぐ座れたのはいいけど、
先の火鍋の待ち時間を見て来ただけに、逆に不安(笑)。

席に案内してくれたお店のおばちゃんがまず、
「タイワンビール?イチバンシボリ?」って。
(↑これが貴重な言葉だった事を後に知ります)

台湾食べある記
▲台湾金牌啤酒(60NT$≒¥230)

あー台湾来て初めてのアルコール。幸せ~!

で、このおばちゃんが片言ながら日本語を話せはり、
しかも日本語メニューもあったのでスムーズに注文できました。
あと、店に入った時に見えた小皿群が気になる。

台湾食べある記

「ゼンブ美味イヨ。好キナノ取ッテネ」とおばちゃん。
ほんま旨そう。けど、この後もう1軒行きたいから軽めに。

台湾食べある記

左は「糥米椒(70NT$≒¥270)」という唐辛子の料理で、
右の「涼拌龍鬚菜(50NT$≒¥190)」はオゴノリを茹でたもの。
これがどちらもめちゃくちゃ旨い!味付けが絶妙やわ。

台湾食べある記
▲絲瓜蝦仁湯包(220NT$≒¥840)

そして待望の小籠包登場。
社長がお気に入りという「エビ入り」。

台湾食べある記

旨いーー!!!!!
皮が赤ちゃんのほっぺにように柔らかく、
中もアツアツ過ぎずひと口で餡と汁が楽しめます!
いや~これは感動もの!すごいぞ台湾!!

台湾食べある記
▲蝦仁蒸餃(170NT$≒¥650)

さらに蒸し餃子。こちらもエビ入り。
見てください、このキレイなひだを。

台湾食べある記

感動は小籠包ほどではないけれど、やっぱり旨い。
せっかくなので最後にイチバンシボリを。

台湾食べある記
▲日本麒麟啤酒(70NT$≒¥270)

やっぱり台湾金牌より味がしっかり。値段もちょい高め。
ちなみにココ、ビール以外のアルコールは紹興酒(ボトル)のみらしい。

いやいやしかし、めちゃくちゃ旨い小籠包でした!穴場やわココ。
(結局ココの小籠包が今回伺った中で一番旨かった)
んじゃもう1軒!ご馳走様でした~~!!

…そしてこの後のお店で、ここでは客が少なくてわからなかった
台湾のリアルな外食事情を知り、唖然とする私たちなのでした…。


(続く)


最後にいつものおやじギャ句
「片言も 語らえたのが 良かった事」

ぜひ押してね!←応援クリックお願いいたします

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:57  |  ◆台湾食べある記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.12.06 (Wed)

旨いもの食べに行き台湾!(2)

台湾食べある記

【旨いもの食べに行き台湾!】 (1) (2)

で、ホテルの部屋で軽くシャワーを浴びてから行動開始。
まずはコンビニで「悠遊カード」を購入。

アートステーション

いわゆるSuicaのようなもので、地下鉄、バス、コンビニなどで使用可。
カード代は100NT$(≒¥380)で、チャージは100NT$以上要。
カードの柄は色々あり、姫に選ばすとキティちゃんになってしもた。

台湾食べある記

そして向かうは火鍋のお店。
スマホナビによるとバス1本で行けるみたい。

台湾食べある記

このバス停は道路の真ん中にあり、昔の京都市電を思い出しました。
時刻表はないものの、各系統の到着までの時間が電光板に表示されます。

台湾食べある記

で、希望の系統のバスが近づいてきたので一歩前に出ると、
そんな我々の前をすごいスピードでビューーーーン!と通過。

「え…なんで?」と言うしかない私に、「そういえば…」と姫。
「『バスは手を挙げないと停まらない』とガイドブックに書いてあったわ」。
そうなんか~。にしても、あんな猛スピードで通過せんでも…。

ってなわけで、次のバスを待って手を挙げて無事乗車。
乗降口は前と中央にあり、どちらから乗り降りしてもOK。

台湾食べある記

まずは「下車鈴(降車ボタン)」の位置を確認して(笑)、
初めて乗る路線バスの車内を見渡せば、「緊急出口」の多いこと。

台湾食べある記

台湾食べある記

天井にまで(笑)。

台湾食べある記

そしてこの路線バスも次の停留所の案内やアナウンスは一切なし。
(この後に乗った車両には掲示されるものもありました)
乗り降りする客がいない停留所はノンストップなので、
希望の停留所で降りるにはスマホナビとにらめっこしとくしかない。

なお、乗車料金15NT$(≒¥57)を支払うタイミングは、
バスに乗った時に少し見上げたとこにあるこちらを確認。

台湾食べある記

「上」なら乗った時、「下」なら降りる時にカードをピッ。
しかし乗客は車両の前からも真ん中からも乗り降りするし、
(「下」の時には)降りる結構前からピッとしておく客もいるし…、
ほんまに運転手さんは誰が払ったかをチェックできてるんやろか?

台湾食べある記

で、無事降りるべき停留所で降車できお店へ。
選んだのはヒノッキから聞いてたこちら。

台湾食べある記

「辛殿麻辣鍋 信義店」!
が、なんと超人気店のようで「4時間20分待ち」とのこと。
現在17:10ですよ…。まじか。しかたなく別の店へ。

台湾食べある記

姫が気になるお店の地図をスマホに登録してくれていてよかった。
スムーズに近くの火鍋店を発見。ここも by ヒノッキ。

台湾食べある記
▲詹記麻辣火鍋南京店

ところがこちらも「2時間待ち」やて!!
いや~台湾の火鍋人気は凄まじいなぁ。すごいわ。
って感心してる場合じゃない。
近くの火鍋店の手持ち情報ももうないし…さあどうする?!

(続く)

最後にいつものおやじギャ句
「火鍋店 近くにないこと 調べてん」

ぜひ押してね!←応援クリックお願いいたします

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
18:05  |  ◆台湾食べある記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.12.05 (Tue)

旨いもの食べに行き台湾!(1)

台湾食べある記

【旨いもの食べに行き台湾!】 (1)

出発前の体重は66.7kg。
3泊4日のこの旅で一体何kg増えるのか?

なんせ今回の行先は“グルメ天国”の台湾(台北)
(私は2度目の訪台ですが前回は22年前に仕事で1泊しただけなので記憶なし。姫は初)

で、姫と悩んだ末、観光はほぼせず(九份にすら行かない)、
とにかく旨いものを食べまくろう!という結論に。

そのため、台湾旅行のガイドブックを5冊以上チェックし、
さらに現地の方のおススメ店をヒノッキを通じて教えてもらい準備万端で出発。

台湾食べある記

例によって関空のラウンジで朝食代わりの軽食。
昼はエバー航空機内食。

台湾食べある記

これがなかなか味がいい。
でも台湾着いたら旨いものがたくさん待ってるはずなので控えめに。

アートステーション

そして約4時間で台湾桃園空港に到着。
まずは両替から。日本でするよりお得らしい。

台湾食べある記

この日(2017.11.23)のレートは1NT$=約3.8円。
手数料は1回30NT$(≒¥115)かかります。

そして次はスマホのSIMカードの購入。
SIMカードもココ空港内で入手するのがベストみたい。
第2ターミナルを出て右手に何軒も並んでいます。

台湾食べある記

ざっと見比べたところ価格はどのお店も同じだったので、
(電波の質の違いとかがあるのかもやけど)適当にIN。

台湾食べある記

「5Day 300NT$(≒1150円)」を購入するも、私も姫もスマホのパスワードをド忘れ。
あれこれ打ってなんとかわかったものの、ここで結構時間を食ってしまった。

ま、これでとりあえずの準備は完了。バスでホテルへ向かおう!
と、バスの切符売り場の結構な行列に並ぶこと10分。

私たちの番になり、窓口のおばちゃんに乗りたいバスの系統を告げると、
「往復?」と訊かれ「片道」と答えると、「なら自動発券機で買え」って。
ええーそうなんや…で、今度は自販機の行列にまた並び直し。

しかも初めての自販機はハードル高い。
漢字表記やし意味がわかりそうやのに…やっぱりわかんない。

台湾食べある記

でも後ろに並んでた地元の(?)お兄さんが、
優しく操作を教えてくれて無事購入。

台湾食べある記

バスに乗るのも行列。ただこのバスがかなり豪華で快適。
台湾のバス会社は競争が激しく、どんどん豪華になってるらしい。

「(所要時間は)40分くらいで、4つ目の停留所で降りるからね」という姫に、
「4つ目ね。了解~」と答えてから30分ほど経過。

まだ1つの停留所にも停まってないし、
「次は○○」という案内すらない。

さらに10分ほど経過。状況は同じ。

たまらずスマホナビで現在地を調べると、
「あれー。降りるはずの停留所からどんどん離れてる…!」
「え?乗り過ごした?」

と、焦る我々に聞こえたのが車内に響くブザー音。

「なに今の?降りる合図?」
「降車ボタンがあるんやわ」
「どこにあるんやろ?」と色々探してみると、「あった…」

台湾食べある記

まさかの頭上。これは卑怯や。しかも小さすぎ…(涙)。
で、次の停留所で慌てて降り、キャリーバッグを引いてホテルまで移動。

台湾食べある記

しかしあの時誰かがボタンを押してくれてよかったわ。
1駅乗り過ごしただけで済んだ。

結局、誰も降りないバス停は黙って通過し、
次の停留所を知らせるアナウンスや表示は一切ないようです。
バスの豪華さより、そっちのサービスを見直して欲しいわ。

台湾食べある記

で、ようやく今回3泊ともお世話になるホテルに到着。
すでに台湾に着いてから3時間が経ってました…。
さあどんな3泊4日になるのやら。とりあえず、腹減った~!!

(続く)

最後にいつものおやじギャ句
「ブザー鳴り 慌てる様は 無様なり」

ぜひ押してね!←応援クリックお願いいたします

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
17:46  |  ◆台湾食べある記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |